近隣の道の駅>> 河北 むらやま


道の駅

東北の道の駅 06015

天童温泉
- Tendo-Onsen -

〜 わくわくランド 〜


 道の駅「天童温泉」は、国道13号沿いに立地しており、天童市が生産量日本一を誇る『将棋駒』と『ラ・フランス』を楽しめる道の駅となっております。
 『将棋駒』は、駒作りの後継者育成講座の修了生が、製作実演を行っているほか、駒工人の作品や新たな飾り駒「MAIZURU」、天童市と将棋漫画「3月のライオン」とのコラボグッズなどを展示しています。
 『ラ・フランス』は、果肉を加工したパイやタルトといった限定スイーツや、旬の果物を使用したジェラートを販売し、「果物の女王」と呼ばれるラ・フランスの魅力を発信しています。
 屋外には、遊具で遊べる多目的広場や源泉かけ流しの足湯を設置しているほか、夏季には噴水も上げており、家族連れにもオススメとなっております。 



【施設概要】

駐車場 トイレ 障害者用施設 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 休憩所 情報コーナー 公園 乳幼児用設備 展望地 博物館・美術館 温泉
スポーツ設備 宿泊設備 キャンプ場 ガソリンスタンド シャワー ファックス 郵便 体験施設 マリーナ オストメイト対応トイレ 24時間開放情報休憩施設 授乳スペース AED
>ピクトグラムの詳細はこちら
路線名 国道13号
所在地 山形県天童市鍬ノ町2-3-41(地図を見る
電話 023-651-2002
営業時間 天童市森林情報館もり〜な天童(駅舎)/9:00〜18:00
Tento La France Factory(駅舎内軽食)/9:30〜18:00(Lo.17:00)
道路情報コーナー/24時間利用可能
休館日 1月1日、不定休
関連リンク

【施設情報】

駐車場 普通車:265台
大型車:26台
トイレ 23器
身障者設備   トイレ:1器
駐車場:7台
スロープ有り
電話 1台(24時間利用可能) 
喫茶・軽食 Tento La France Factory/9:30〜18:00(Lo.17:30)
休憩所  
情報コーナー 観光案内カウンター/9:00〜18:00
道路情報コーナー/24時間利用可能 
公園 多目的広場
(大型遊具、噴水広場、芝生広場、野外ステージ)
乳幼児用設備 授乳用イス
おむつ交換用ベッド 
授乳スペース授乳スペース 赤ちゃんの駅(授乳・オムツ交換室) 
AEDAED  1台 


【施設の情報】

◎天童市森林情報館 館内には、観光案内、将棋駒PR、農産物加工品販売コーナー(Tent La France Factory)を設け、観光情報発信と特産品PRを行っています。
風除室では、大型ディスプレイで道路情報を発信しています。
◎足湯 森林情報館の南側にあり、源泉かけ流しの足湯を無料で楽しむことができます。
◎多目的広場 約20,000uの広さの広場で、中央部にはオルゴールの音色に合わせて3種類の噴水が上がり、水と触れ合うことができます。野外ステージを利用し、様々なイベントが開催されています。


【周辺観光情報】

■天童温泉 (「道の駅」より徒歩3分)
旅館、ホテル11軒の宿泊施設が立地しています。天童温泉のお湯は、肌がすべすべになるとの定評があります。
■出羽桜美術館 (「道の駅」より車で7分)
新羅・高麗・李朝の陶磁器と工芸を主に展示しています。折々には桜の美術、近代文人の書、日本古窯などを企画展示しており、ゆったりとした時の流れを味わえます。
■天童織田の里歴史館 (「道の駅」より車で7分)
明治時代の洋風建築として、県の有形文化財になっています。天童織田藩関連資料や明治維新前後の資料を中心に240点余りを展示しています。
■天童市美術館 (「道の駅」より車で5分)
周辺に豊に緑を配置し、他施設と共に天童市の芸術・文化ゾーンの一部となっています。収蔵する作品は故熊谷守一画伯、豊田豊氏らの作品です。
■天童公園 (「道の駅」より車で5分)
人間将棋の会場
まちのシンボルとして市民に親しまれており、その一帯は市民の憩いの公園となっています。山頂の展望広場からは、月山や朝日連峰、最上川などが一望できます。
■天童最上川温泉ゆぴあ (「道の駅」より車で20分)
悠々と流れる最上川の、おおらかな自然のほとりに生まれた楽園。自慢の露天風呂は、東北最大級を誇っています。


【イベント情報】

2月 天童雛祭り
4月 天童桜まつり 人間将棋
8月  天童夏まつり
11月   天童ラ・フランスマラソン
令和鍋合戦

 

ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C) 2001-2010, TOHOKU REGIONAL BUREAU MINISTRY OF LAND , INFRASTRUCTURE , TRANSPORT AND TOURISM.