近隣の道の駅>> 十三湖高原 いまべつ こどまり


道の駅みんまや

東北の道の駅 02019

みんまや
- Minmaya -

〜 龍飛岬 〜

  ◆冬期閉鎖のお知らせ
  閉鎖期間:平成28年11月9日(水)〜平成29年4月下旬


「道の駅」龍飛は、国道339号沿いにあり、地形的には津軽半島の最先端に設置しております。一帯は津軽国定公園に指定されており、豊富な自然に恵まれ、風光明媚な風景は他の観光地の追随を許さない厳しさがあります。
三厩村は、義経伝説と深い結びつきがあり、村内至る所に伝説の足跡が残されております。このような物語にふれながら「道の駅」にたどり着くのも一興ではないでしょうか。


【施設概要】

駐車場 トイレ 障害者用施設 電話 店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 休憩所 情報コーナー 公園 乳幼児用設備 展望地 博物館・美術館 温泉
スポーツ設備 宿泊設備 キャンプ場 ガソリンスタンド シャワー ファックス 郵便 体験施設 マリーナ オストメイト対応トイレ 24時間開放情報休憩施設 授乳スペース AED
>ピクトグラムの詳細はこちら
路線名 国道339号
所在地 青森県東津軽郡外ヶ浜町字
三厩龍浜99
電話 0174-38-2301
営業時間 8:40〜17:00(最終入館16:30)
休館日 無休
地図を見る

【施設情報】

駐車場 普通車:178台
大型車: 10台
トイレ 36
身障者設備   多目的トイレ:2
駐車場:2台
スロープ
電話 1台
店舗・売店 ●地場産品
・「みんまや昆布」:津軽海峡の潮流の中に育った昆布の味は格別、古来より関西に主として出荷されています。
・「みんまやわかめ」:昆布と同様天然のわかめの味は天下一品とされています。
・真イカ、イカの生干し:前沖で釣れることから鮮度のよさ、舌触りの風味は定評があり、地域とイカとは古い付き合いがあります。
・ひらめ、たこ、あぶらつのさめ:津軽海峡から捕れる三厩村の特産品であり、料理の幅も広く、珍味とされています。
・うに:ほとんどがムラサキウニ、磯の香りがツーンと鼻をつく味は誰からも愛されています。
・「たけのこ」の缶詰め:根曲がりだけ独特の味。季節限定ものの珍味の一つです。
レストラン ●紫陽花「あじさい」
海の幸を使った料理など
営業時間/9:00〜17:00
休憩所  
博物館・美術館 青函トンネル記念館
体験施設 竜飛ウィンドパーク展


【施設の情報】地域振興施設

◎交流施設棟 ●物産販売施設
主としてわかめ・こんぶ・するめ等の海産品を主体とした物産販売を行います。
●レストラン 紫陽花「あじさい」
全面ガラス張りで日本海を眺めながら食事ができます。地域の食材を活かします。
◎休憩施設棟 ●青函トンネル記念館
青函トンネル工事の過程の説明を中心に構成されており、地下の交流体験坑道まで800mのケーブルカーが運行するなど、観光や学習の場となります。
●竜飛ウィンドパーク展示館
人類が古くから利用し、関わってきた風の世界を「見て」「聞いて」「体験する」テーマ館です。竜巻の発生を学んだり、風力の違いを体験できます。


【周辺観光情報】

■津軽国定公園龍飛崎 (「道の駅」の場所は国定公園内にあり、最先端展望所まで車で3分)
■龍飛崎灯台 (「道の駅」から車で3分)
■竜飛ウィンドパーク
(風力発電)
(「道の駅」から車で2分)
■碑の丘 (「道の駅」から車で3分)
■龍飛崎野営場  (「道の駅」から車で2分) 
■龍飛崎海水浴場 (「道の駅」から車で2分) 
■義経寺 (「道の駅」から車で20分) 


【イベント情報】

1月 荒波ツアー(小泊村)
2月  津軽海峡冬景色ツアー(三厩村)
冬物語(今遊記)(今別町)
5月 春まつり(今別町)
8月    ねぶた祭(三厩村)
義経まつり(三厩村)
みなと祭(小泊村)
今別荒馬まつり(今別町)


 

ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C) 2001-2010, TOHOKU REGIONAL BUREAU MINISTRY OF LAND , INFRASTRUCTURE , TRANSPORT AND TOURISM.