【洪水の記憶】
いつの時代も、洪水との闘いがありました
 川とともに暮らす人々にとって、米代川は恵みの川である一方で、洪水による災害をもたらす川でもありました。 江戸時代は、新田開発のため、かんがい用水を確保しなければなりませんでした。しかし、米代川は流れが定まらず強く蛇行していたことから、洪水になればかんがい用水の取り入れ口が壊れ、田畑に土砂が流れ込むなどの被害がありました。特に雪解け水があふれる頃と稲刈りの時期は大きな被害をもたらし、農業や舟運に影響を与えました。洪水を防ぐ工事は度々行われ、多くの記録が残っています。明治時代にも流路掘削、河川杭打などを実施しています。

二ツ井町全町が濁流により水没し、中学校の屋上に避難。
堤防決壊後、泥流に沈む二ツ井町中心部
(昭和47年7月9日・秋田魁新報社提供)


能代市長崎地区
(昭和47年7月9日・北羽新報社提供)


宙吊りとなったJR五能線を
避難する能代市民
(昭和47年7月9日・北羽新報社提供)

洪水と治水の歴史
 国の直轄事業としての河川改修は昭和11年(1936)、基準地点二ツ井における計画高水流量 (P15参照)を5,200m3/秒として始まりました。その後、昭和22年(1947)と昭和26年の洪水により6,000m3/秒と改定。その間改修対象区域は田代町まで延長され、さらに1級河川の指定とともに直轄管理区間が大館市まで延長されました。しかし、昭和47年7月に発生した大洪水を教訓に治水計画を全面 的に改定。昭和48年に二ツ井における基本高水流量を9,200m3/秒とし、森吉山ダムなど上流ダム群によって計画高水流量 を8,200m3/秒に調節する計画を決めました。

昭和47年の大洪水
 昭和47年(1972)7月、県北部を中心にした集中豪雨により下流部で大洪水が発生し、各地に大きな被害をもたらしました。7日から9日朝まで梅雨前線が停滞し、米代川流域の2日雨量 は多いところで568oを記録しました。降雨は藤琴川、阿仁川流域に集中。出水は8日の朝から始まり、8日夜から9日早朝にかけて最高水位 を記録し既往最大の大出水となりました。なかでも、藤琴川の本川合流点付近(二ツ井地区)の右岸堤が1,380mにわたって越水し、二ツ井町の大部分が浸水、水没したため孤立状態となりました。また、能代市の中川原堤防も破堤し、家屋農地が流失しました。

主な洪水記録(被害は米代川流域)

洪水年月日
人的被害
家屋被害
耕地被害
公共被害 (道路・橋他)
昭和22年8月 3日
死 者10名
負傷者10名
6,315戸
27,973ha
848カ所
昭和26年7月21日
死 者 4名
負傷者 2名
7,511戸
10,199ha
879カ所
昭和30年6月25日
死 者 なし
負傷者 なし
1,608戸
9,553ha
416カ所
昭和47年7月 9日
死 者 なし
負傷者 なし
  10,951戸
8,288ha
186カ所
昭和55年4月 6日
死 者 なし
負傷者 なし
407戸
1,916ha
345カ所

日本海中部地震
 昭和58年(1983)年5月26日午後0時0分18秒、能代市沖約100km、深さ14kmを震源とするM7.7の地震が発生。大きな津波を伴い、死者83人、負傷者265人(秋田県内)を出しました。米代川での被害は能代市内において18ヶ所。ほとんどは河口部から10kmの間に集中しました。その最も大きな原因は地盤の液状化に伴う堤体地盤の強度低下と考えられ、国道7号能代南バイパスでは800mにわたって路面 の沈下、浮き上がりが生じました。
〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)