【川を治め、水を利用するダム】
 ダムは洪水から下流地を守る洪水調節、渇水時に蓄えた水を放出する水量 調節機能、かんがい用水、生活用水の供給、水力による発電など、私たちの暮らしに欠かすことのできない役割を果 たしています。米代川流域にも建設中のダム2つを含む7つのダムがあり、水を治めると共に有効に利用されています。

森吉山ダム (建設中)
型式/中心コア型ロックフィルダム
高さ/89.9m 総貯水量/7,810万m3
目的/洪水調節、既得取水の安定化・河川環境の保全、かんがい用水、水道用水、発電
※東京ドームをコップ1杯(124万m3)とすると約63杯分になります。

森吉山ダム
 100年に一度の豪雨に備えて 森吉山ダムは、米代川上流のダムの一つとして、米代川水系最大の支川阿仁川の右支川、小又川に建設中です。ダムの主な目的は洪水調節、流水の正常な機能維持、かんがい用水、水道用水の供給、発電で、多目的ダムとしてその完成が待たれています。 特に水害対策については昭和47年(1972)の大洪水以来、規模の大きいダムが強く望まれていました。このため、森吉山ダムは100年に一度の豪雨に耐えられるよう想定されています。

森吉山ダムの計画域
 洪水を防ぐことのできる地域や、農業用水を送ることのできる区域は、小又川上流のダム建設箇所から、日本海沿岸の能代市までの広範囲にわたります。また、大野台地域への畑地かんがい用水や水道水を新たに送る箇所は森吉町・合川町全域となります。さらに、新設される発電所によって最大10,600kwの発電を行う予定です。

森吉山ダムのしくみと大きさ



早口ダム
型式/重力式コンクリートダム
高さ/61m
総貯水量/655万m3
目的/洪水調節、発電

萩形ダム
型式/重力式コンクリートダム
高さ/61m
総貯水量/1,495万m3
目的/洪水調節、発電、かんがい用水確保

素波里ダム
型式/重力式コンクリートダム
高さ/72m
総貯水量/4,250万m3
目的/洪水調節、発電、かんがい用水確保

山瀬ダム
型式/ロックフィルダム
高さ/61m
総貯水量/1,290万m3
目的/洪水調節、水道用水、工業用水、発電、流れの正常な機能の維持

森吉ダム
型式/重力式コンクリートダム
高さ/62m
総貯水量/3,720万m3
目的/洪水調節、発電

砂子沢ダム (建設中)
型式/重力式コンクリートダム
高さ/78.5m
総貯水量/865万m3
目的/洪水調節、水道用水、流れの正常な機能の維持

ダムの種類
重力式コンクリートダム
 基礎岩盤の上に築いた強固なコンクリートダムの重さで、水圧等に耐える構造のダム。設計、施工が容易なため、ダム型式としては、最も一般 的なものです。
アーチ式コンクリートダム
 上流面の水圧等による力を、アーチ作用により両岸と河床部岩盤とに伝える構造のダム。ダムの厚みを薄くすることができるので、経済的に有利と一般 にいわれています。
中空重力式ダム
 内部に空洞を持ったダムで設計の原理は重力ダムと同じです。コンクリート量 を減らすことができますが、型枠面積が増大します。
ロックフィルダム
 石塊等を積みあげて作られるダムです。このうちの中心コア型は、ダムの中心部に遮水壁を設ける構造のものです。
〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)