世界遺産とは?

 世界遺産とは、1972年のユネスコ(国際連合教育科学文化機関)総会で「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)にもとづいて登録された文化・自然のことです。素晴らしい自然や文化を国や民族に関係なく、みんなで守っていこうとリストが作られています。


世界遺産は「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分けられます

文化遺産・・・
すぐれた普遍的価値をもつ建築物や遺産など
自然遺産・・・
すぐれた価値をもつ地形や生物、景観などを有する地域
複合遺産・・・
文化と自然両方の要素をかねそなえているもの


全国の世界遺産


▲各世界遺産の名称をクリックすると詳しいページにジャンプします


白神山地とは

 白神山地は,世界遺産地域と関連の森林地域から成っています。世界遺産地域(16,971ha)は、核心地域(全くの手付かずで残す保存地区)10,139haと緩衝地域(保存地区の外側を取り囲む保全地区)6,832haから成っています。

 白神山地のブナを中心とした原生的な落葉広葉樹林を主体とする手つかずの自然環境は、全国的にも貴重なものとして認められ、平成2年3月に林野庁が「白神山地森林生態系保護地域」を設定、平成4年7月には環境庁が「白神山地自然環境保全地域」を指定しています。特に保全を図るべき特別地区(9,844ha)では工作物の新築や土地の形質の変更、土石の採集、木竹の伐採などの行為は環境庁長官の許可が必要となります。また、同一地域が野生動植物保護地域に指定されていて、保護対象となっている植物の採取や損傷が禁止されています。

※核心地域への入山手続きについて詳しくはこちら「WEB東奥(東奥日報社)」

▲オレンジの吹き出しをクリックすると説明が見れます


白神山地の登録までのあゆみ

1972年11月16日
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)が、フランスのパリで開催された第17回ユネスコ総会で採択される
1990年3月29日
林野庁が白神山地に森林生態系保護地域を設定
1992年6月18・19日
衆参両議院において、世界遺産条約の締結を承認
1992年6月26日
世界遺産条約の批准を閣議決定
1992年7月10日
環境庁が白神山地を自然環境保全地域に指定
1992年9月4日
文化庁、環境庁、林野庁の3庁が世界遺産(自然遺産)の候補地に「白神山地、屋久島を選定したい」と発表
1992年10月1日
政府は、白神山地と屋久島を、我が国の自然遺産の第1候補地としてユネスコに申請
1993年12月9日
コロンビアのカルタヘナで開催された第17回世界遺産委員会総会において、屋久島とともに白神山地の世界遺産登録が正式決定


白神山地を満喫しよう!

小岳自然観察教育林(面積 281ha)
 二ツ森とともに世界遺産地域の緩衝地域となっているエリアにあります。登るにつれブナの背丈が徐々に低くなって、ヤマナラ群落から高山性のハイマツ群落が広がります。標高1,042mの頂上からは、西に粕毛川の源流部や二ツ森、白神岳などの世界遺産地域が一望でき、南には森吉山、東には藤駒岳が間近に見えます。また、北には青森県側のブナに覆われた山並みと遠くに津軽富士と呼ばれる岩木山が端正な姿を見せてくれます。

二つ森自然観察教育林(面積 334ha)
 青秋林道終点に白神山地森林生態系保護地域の看板が立っている所が登山口道入り口。標高1086mの二つ森山頂までの途中では、ブナ林からダケカンバなどが混生し、樹高が低くなるに連れて深山ならやアカミノイヌツゲといった低木林に変化していきます。頂上からはブナ林が一望でき、白神岳や藤駒岳、雄大な日本海を遠望できます。

岳岱(だけだい)自然観察教育林(面積 12ha)
 岳岱(標高約620m)は、藤駒岳の東側の台地状の緩傾斜地にあるブナを中心とする天然林。白神山地最大と言われるブナ(樹齢推定400年、幹周約485cm、樹高約26m)もここで見ることができます。ブナの成育過程もよく観察でき、歩道や案内板、ベンチも整備されているので自然観察に最適なポイントです。

太良峡(だいらきょう)風景林(面積 51ha)
 レクレーションの森として設定されている、きみまち阪藤里峡県立自然公園の一郭。凝灰岩類を藤琴川が深く刻んだ渓谷には、一通の滝や不動岩、位牌岩、犬戻しの岸壁などの見所が点在しています。滝や岩を覆う天然秋田スギやブナ、ミズナラ、トチノキ、春に瑠璃色の花が咲くルリソウなどを楽しむことができます。

素波里(すばり)ダム風景林(面積 24ha)
 素波里ダムの右岸にあり、ダムの右岸を走る粕毛林道から見ることが出来ます。ブナなどの広葉樹に天然秋田杉が混生する天然林で、深緑から紅葉まで四季折々の美しい景観の変化を楽しむことができます。ダムサイト付近には、素波里神社や不動滝などの見所もあります。

独鈷森(とっこもり)風景林(面積 20ha)
 粕毛林道のほぼ中央地点近くにあり、円錐状に突起した急斜面にはブナやミズナラ、カエデ等の広葉樹と天然秋田スギが混生しています。歩道はなく、周辺一体が人工林化した中にあり、その独特な山容は素波里人造湖の借景を担っています。



【▲トップページへ】
 【▲インデックスページへ】


〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)