平成21年8月27日

米代川の水はきれい?

〜大館市で水生生物調査を実施〜


 大館市立城西小学校3年生児童55名が8月26日、大館市内の米代川で水生生物調査を行いました。水生生物調査は、川に住む生物を採取して調べることで、水質の良し悪しがわかる簡易な水質調査の一つです。説明の後、捕獲用の網を手にした児童達は、深さ20センチ程度の川の浅瀬の中で、思い思いに生き物を探していました。


 調査した時間帯の大館市の気温は24℃と高くはありませんが、日照不足の今年には珍しく日差しが降りそそぎ、絶好の調査日和となりました。なかなか、生き物を見つけられない児童もいましたが、ほかの児童が採り方を教えてあげるなど、微笑ましい光景も見られました。
 川底の石の裏に付いている虫を中心に捕獲した後、集計した結果、きれいな水に生息するヒラタカゲロウやヒゲナガカワトビケラの幼虫が多く見つかったと児童から発表があり、学校の近くを流れる米代川がきれいであること確認しました。



鷹巣出張所トップページに戻る
国土交通省東北地方整備局 能代河川国道事務所 鷹巣出張所
秋田県北秋田市綴子字柳中9−1
TEL.0186−62−1226・FAX.0186−63−0991