平成20年8月28日
大館市立城西小学校3年生が水生生物調査を実施!!
〜56名が米代川の水質を調査〜

  8月27日(水)に大館市立城西小学校3年生56名が総合学習の一環として米代川で「水生生物調査」を実施しました。
  「水生生物調査」とは、川の中にすんでいる生物の数と種類を調べることにより川のきれいさ(水質)を調べることができる簡単な調査方法です。
  当日は27度を超す暑さの中、児童は調査方法の説明が終わると一斉に川の中に入って調査を始めました。
  暑かったせいか「(水が)冷たいけど気持ちいい」、「まだ川に入っていたい」という声と「虫つかまえた」という声が交互に飛び交っていました。
  調査の結果、ヒラタカゲロウなど「きれいな水にすむ虫」が多く、調査地点の水質は4段階評価の中で一番きれいな「きれいな水」となりました。


                           当日の状況
  参加した児童からは、「始めて米代川の中に入った」「調査の結果がきれいな水になった。これからもきれいにしていきたい」という感想がありました。
  城西小学校の皆さん、お疲れさまでした。

  鷹巣出張所では、水生生物調査を通じて、川と親しみながら河川愛護への関心を高めていきたいと考えています。


鷹巣出張所トップページに戻る
国土交通省東北地方整備局 能代河川国道事務所 鷹巣出張所
秋田県北秋田市綴子字柳中9−1
TEL.0186−62−1226・FAX.0186−63−0991