鷹巣出張所ホームページ River たかのす 〜鮎とサクラマスの遡上する米代川〜

鷹巣出張所ニュース
出張所ニュースインデックスへ

平成19年2月21日
工事を安全に遂行するために
〜大館・北秋田地区工事安全パトロールを実施〜

 能代河川国道事務所では、米代川の洪水に対応するための工事、国道7号の歩行者の安全のための歩道設置工事や道路補修工事、鷹巣大館道路等の高速道路の工事を実施しております。
 工事を実施する上で、最も重視しなければならない工事の安全には、工事に伴う一般の方々への安全確保、周辺環境の保全、工事に従事する作業員の事故防止があります。
 これらについて、実際の工事現場が対応されているかを点検し、さらなる改善を図ることを目的として、平成19年2月20日(火)に、大館・北秋田地区の工事安全パトロールを実施しました。
 パトロールは大館労働基準監督署、工事発注者である能代河川国道事務所、工事受注者である工事業者20社の現場代理人において行い、今年度は3回目となります。
 今回の工事現場は、橋梁下部工工事(橋台・橋脚を作る工事)、函渠(かんきょ)工工事(道路の下を通るコンクリート製の箱形通路を作る工事)について点検を行い、点検終了後、検討会において、改善すべき点、見習うべき点についての意見交換や過去の事故例をもとにした勉強会を実施しました。
 また、大館労働監督署から労働災害についての講話が行われ、工事現場の責任者としての果たすべき措置等について指導を受けました。
 今回の工事安全パトロールをうけ、今後のさらなる工事安全に努めてまいります。

▲全体説明状況
▲函渠工工事の現場点検状況

▲橋梁下部工工事の現場点検状況
▲検討会