鷹巣出張所ホームページ River たかのす 〜鮎とサクラマスの遡上する米代川〜

鷹巣出張所ニュース
出張所ニュースインデックスへ

平成18年7月10日
「まつりがいっぱいマップ」で大館市の田中君が優秀賞を受賞
〜「ぼくらの水辺再発見マップ」の結果が発表されました〜

 7月7日は「川の日」として制定されてから今年が10年目となり、記念行事として「ぼくらの水辺再発見マップ」の募集が「川の日実行委員会」、秋田魁新報社、全国地方新聞社連合会の主催により行われました。
 このほど受賞作品が発表され、鷹巣出張所管内では、大館市の幼稚園児の田中譲君が作った「まつりがいっぱいマップ」が優秀賞を受賞しました。
 「まつりがいっぱいマップ」は大館市扇田地区の米代川で行われるお祭りや行事を1枚の地図にしたもので、扇田地区で行われている「灯籠流し」や「送り太鼓」の伝統行事や鮎釣り、白鳥の飛来などが楽しく描かれています。



 今回募集された「ほくらの水辺再発見マップ」は、川や水辺が持っている自然や歴史、文化、景観などのたくさんの魅力について、家族や仲間と探検したり、本で調べたりして再発見しようとする取り組みで、再発見したものをマップにまとめたものです。中学生以下が対象で大人が協力して作成してもいいことになっております。
 秋田県内では、最優秀賞と優秀賞に4組が選ばれ、田中君は最年少の受賞でした。
おめでとうございます。