平成17年2月16日 第 9号
もくじ
(1)関係機関団体の皆様に感謝
(2)爽やか街道
(3)北海の旅
(4)新春スポーツはユニカール!!
(5)私の宝物
(6)新年たんぽ会
(7)新会員紹介
(8)編集後記
関係機関団体の皆様に感謝 田村 清
 此の度平成16年度秋の叙勲で思いもよらない『「旭日小綬章」の受章内定しましたから11月9日財務省に来る様日程を取って下さい』との電話で『「旭日小綬章」は大変立派な賞です。おめでとう御座いました。』との事でしたので、私の様な者が其の様な立派な賞を受けるのは何かの間違いではないかと思い、問いただしたところ『秋田県の納税貯蓄組合連合会長の田村さんですね、』とのことで私も大変びっくり致しました。後日正式な通知を送りますから宜しくとの事でした。其の後通知がはいり、私がモーニング、家内和服で財務省で受賞式をし、皇居で天皇陛下の拝謁をうけ、お言葉を戴き記念撮影して帰るとのことで大変な栄誉である事に感激致しました。これも納貯連の功績だけではなく私の関係する各機関団体の皆様のお力添えがあったればこその受賞であり、私を仲間として受け入れて下さった黒松友の会の皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

爽やか街道 斎藤 清宏
 一般国道7号能代バイパスは、いまでは大型店の進出等と相俊って人、車の大動脈となっているが、更に、ここ数年歩道の拡幅整備など、見違えるように改善されてきていることは本当に喜ばしいことと思う。
 また、一方においてこの道を一層引き立たせてくれているのが豊祥岱交差点を起点とした臨海方面に延びる黒松並木である。黒松はその落ち着いた雰囲気と重厚さで庭園にはなくてはならない木と云われているが、この「市の木」の映える道作りはこの街にとって相性であり能代市を一層特徴づけるものとなっている。
 街路樹の松を眺め歩くとどれも同じものはない。背丈、枝の張り、あるいは横になびいているものなど姿かたちは異なるがそれがまた個性があり、それぞれ趣があって面白い。
 云えることは人が手を加え、大事にはぐく育んできた松にはやはり自然木と違った風格が備わっていて見る目を優しく包み、その緑のコントラストが道の行き来を楽しくさせてくれることである。
 私は松の剪定を含めてその育成技術についてはまったくの素人、しかしそれが
昨年ある機会を得て入会することになり、参加一年生として歩み始めたばかり
ですが、今後、仲間の指導を受けながら基本的な技術を身につけ、私なりに少しでも
役立てればと思っております。
 関係者皆様のご健勝を祈念申し上げます。

北海の旅 中村 英雄
 7月の連休を利用して家族で北海道旅行に行くことにした。
 秋田港から朝7時に新日本海フェリーで出港、苫小牧東港に午後5時ごろ着岸し、日高自動車道から道央自動車道、札樽自動車道と乗り継ぎ、小樽市内の夜景を見ながらホテルに到着、少し休息後市内の散策に出かける。
 小樽運河まできて見てびっくり。大勢の観光客が運河廻りの散策を楽しんでいる。
 この辺一体の街灯に灯りが入って夜景もいっそう幻想的な雰囲気で皆んな酔いしれている様子だ。
 この運河は南側650mの山側半分が埋め立てで御影石を敷きつめ、今の小樽運河散策路にしているとのことでした。
 また、小樽は歴史的な建物が数多く残されており見どころがいっぱいある。
 今回は時間が取れないので次の機会にする。
 2日目ホテルを出発、小樽市内を徒歩で散策しながらおみやげを買い、その後札樽自動車道、道央自動車道と進み滝川ICで一般道に下りる。
 上川郡美瑛町に向かって車を走らせ美瑛の丘が一望に出来る駐車場に到着。
 観光バスや乗用車で一杯になっていたがどうにか駐車出来ほっとした。
 作物の種類によって色とりどりのパッチワーク模様のゆるやかな丘が果てしなく続くヨーロッパ的な風景に感動しながら、しばしの時間を過ごした。
 次に向かったのは北海道でも人気のある中富良野のラベンダーファーム富田に行く。到着は午後5時近くになった。
 ここは一方通行でバスと一般車輌は別の駐車場で誘導員が多数付いていて整理、誘導してくれていた。
 ファーム富田のラベンダー畑は斜面を利用した畑で色々な草花が有り、今はラベンダーが満開だ。斜面のバックには十勝連峰、大雪連峰を望むことが出来る。
 園内は広大な面積でその敷地内にはラベンダーを使ったオリジナルメニューのある喫茶店(ポプリの舎)、おみやげを販売する(香水の舎)、その他製造工場、温室など数多くあり、育てて、加工、販売と一貫した作業工程の流れを感じラベンダー園を後にした。旅行中は天候に恵まれてなによりだった。
 一路宿泊予定の帯広に向かって車を走らせホテル到着は午後8時40分、荷物を室に置いて市内に出て食事する。
 3日目朝ホテル出発、途中帯広市内でおみやげを買い夕張に向かう。
 夕張はかつて道内一番の炭坑の町として発展した所だが、今は当時の坑口及び立坑が一部残っているがさみしい町に感じた。
 夕張を特徴づけているのは道内に10種類以上のブランドが流通しているが、知名度ナンバー1は夕張キングメロンの様です。
 昭和36年に夕張市が独自に開発した品種で、種は現在でも門外不出、厳しい品質チェックに合格したメロンだけが夕張メロン、という称号を与えられるそうです。
 道内限定、夕張メロン味のお菓子、ソフトクリーム、チョコレートなど数多くある。
辛党の私もソフトクリームを食べてメロンの味をかみしめた。夕張を後に苫小牧に向かう。午後6時ごろフェリー埠頭に到着。すでに車がいっぱい来ている。まもなく乗船開始午後7時30分出港。船中では息子達の気配りで個室の特等であったため他人に気遣いすることなくシャワーを使いゆったりした気持ちで過ごすことが出来た。又、孫を抱っこして甲板に出て果てしない水平線をながめてしばしの幸せを満喫した北海の旅でした。

新春スポーツはユニカール!!
 1月18日(火)、能代・山本スポーツリゾートセンターに於いて、室内スポーツ「ユニカール」を17名の皆さんで奮闘して来ました!
 3人一組で青組・黄組に分かれ、プレーを開始。狙いはセンターサークルど真ん中だったり、相手 チームにぶつけられる事を予測して、手前のセーフティーエリアへ投げたり…力が有り余ってしまった人(筆者)はカーペット外へ…転がっていったりなどの珍プレー好プレーが続出しました。終始、熱気と笑いにつつまれ、抱腹絶倒!! あっという間に時間が過ぎていきました。体育館内には暖かな日の光が差し込み、新春スポーツにぴったりの爽やかな汗を流すことが出来たのではないでしょうか。

審議だ!2対0?
どうだ?どうだ!?
スウィング大将は誰?
◆ユニカールとは
 ユニカールは一九七九年にスウェーデンで生まれた。
 名称の由来は「ユニバーサル・カーリング」にあり、「皆が手軽に出来るカーリング」という意図が込められている。
 カーリング自体は一九九二年の冬季オリンピックから採用されている氷上スポーツで、その陸上版がユニカールである。

私の宝物 淺田 嘉美
 JR東能代駅、1番ホームに「バスケの街のしろ」と記載されている看板は、第2回能代カップ高校選抜バスケットボールを大会直前の平成元年4月24日私がPRを目的に設置しました。
 このボードの両面にリングを取付け、其の上にボールを結んでいます。このボールは前年行われた第1回大会の時に使用した試合球で、各チームの選手が互いに優勝を目指して手にした「たっぷり」汗の滲んだ記念すべきボールです。
 看板のケロ(待合室側)に、其の事を記しています。電車を利用する機会が有ったらご覧下さい。このボールが私の宝物です。


側面部分

新年たんぽ会
 ユニカールの余韻もさめやらぬ1月18日(火)午後から、国民年金保養センターのしろにて、18名の参加でたんぽ会を開催しました。川村会長挨拶のあと、戸嶋出張所長の乾杯の音頭で和やかに会が始まりました。
 会員のみなさんで「たんぽ」をつつきながら、今年の豊富などを語り、手元のグラスも大いに賑わいでいるようでした。また、スポーツ、温泉、宴を通して、参加されたみなさんの親睦はさらに深まり、心身ともに潤ったたんぽ会となりました。 
酉年にちなんで
工藤昭男氏作
〜ガラス絵〜


 たんぽ会にお持ち頂いた工藤昭男さんのガラス絵はこの他3点3/15(火)の総会にも展示されますのでご覧下さい。

新会員紹介
新たに3人の女性会員を迎えました。
 住 所 能代市昇平岱
 氏 名 畠山 ヨシ子
 住 所 能代市河戸川字大須賀
 氏 名 秋穂 シガ子
 住 所 能代市浜通町
 氏 名 金谷 正子
黒松の里親になって戴くようよろしくお願いします。

編集後記
 先日の幹事会に出席された役員におかれましては、平日の開催にもかかわらず、長時間にわたりましてご参加頂き本当にご苦労様でした。
 新会長,新副会長の選出と新幹事を加え新陣容となり、また、女性会員が3人入会されるなど大変嬉しく喜ばしい限りです。
 新年を迎え黒松友の会も、抱腹絶倒のユニカール,たんぽ会を開催する事が出来、会員同士の絆がより深まるなど活動の飛躍に期待が持てるところです。

 先日のたんぽ会でご一緒させて頂いた渡辺です。みなさまと初めてお会いできてとても嬉しかったです!!
 普段は黒松会報の送付や電話連絡など、事務局補佐をしておりますが、たんぽ会ではカメラマンをさせて頂きました。そして今回初めて会報づくりにも参加させて頂きました。
 みなさま、とても明るく楽しい方たちばかりでしたので、みなさまに育てられた黒松の明日は明るい!!と気持ちも軽やかに、当日はとても爽快な一日を過ごすことができました。

〒016―0121 能代市鰄渕字家の下19 能代国道維持出張所内 0185―58―2919
事務局   深渡 義哲
事務局補佐 渡辺 公子

2005年2月15日

〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)