平成13年04月13日
国土交通省 能代工事事務所
米代川中川原地区桜づつみモデル事業の認定について

 秋田県能代市では、地域と連携した川づくりに係わる事業として「米代川中川原地区桜づつみモデル事業」が認定されました。
 国土交通省河川局は、地域の個性やニーズに対応した治水事業の一層の展開を図るため、桜づつみモデル事業等、地域との連携によりハードとソフトを一体的に整備する事業であって、その実現に向けて市町村の役割が大きい事業について認定を行い、積極的に推進することとしています。
 今後は、能代市と河川局管理者が一体となった事業実施し、地域住民が水辺に親しむための整備を行います。

●事業名 「米代川中川原地区桜づつみモデル事業(秋田県能代市)」

●事業概要
 当地区は、能代市のほぼ中央に位置し、恵まれた自然環境により地域住民の散策の場として利用されていますが、より一層の河川空間活用を図り、身近で豊かなうるおいを感じられる良好な水辺空間の形成を図ると共に、能代市市街地を背後に抱える中川原堤防(S47.7破堤実績有り)の強化及び土砂の備蓄等水防活動に必要な機能の整備のため、「桜づつみモデル事業」(全延長2km)を実施します。

●事業効果等
 「桜づつみモデル事業」の認定により、堤防の強化及び土砂の備蓄等水防活動に必要な機能等を整備するために河川管理者が設置した堤防側帯に、能代市が桜の植樹等、地域住民が水辺に親しむための整備が図られます。



(位置図)

図をクリックすると
もっと広い範囲でご覧になれます。


問い合わせ先
東北地方整備局 能代工事事務所
副所長(河川)山下 洋太郎
TEL 0185-52-6211
能代市 建設部長 宇野 清一
TEL 0185-52-2111

 



〒016−0802 秋田県能代市川反町9−3
電話番号/0185−52−6211・6212(代表)