平成13年01月18日
国土交通省 能代工事事務所
国土交通省 秋田工事事務所
国土交通省 湯沢工事事務所
秋田県建設交通部
平成11年度 新・道路交通センサスにおける秋田県の結果について
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14

・同時に東北地方整備局版(平成11年度 新・道路交通センサスにおける東北地方の結果について)を発表します。

 平成11年7月から10月に実施しました「平成11年度 新・道路交通センサス」の結果 がまとまりました。秋田県内では、調査区間が584箇所(交通量観測箇所383箇所、うち24時間観測箇所57箇所)、調査延長が3,857.5kmとなっています。

主な調査内容は以下のとおりです。(次頁以降参照)
1)道路状況調査
調査対象である584箇所全てについて道路延長、道路幅員、歩道設置状況などを調査しました。
2)交通量調査
383区間について、各区間ごとに12時間または24時間の交通量を方向別・車種別 に調査しました。
3)旅行速度調査
570区間について、平日の朝または夕方のラッシュ時間帯において旅行速度を調査しました。なお、うち294区間については休日の調査も行いました。
4)新たな調査項目
平成11年度調査では、新たに路上駐車車両数、自転車通行帯延長、バスの便数等を調査しました。


主な調査結果は以下のとおりです。(次頁以降参照)
1.平均交通量
・自動車類の平均交通量は着実に増加しています。
2.自動車走行台キロ
・自動車走行台キロが着実に伸びています。
3.道路整備水準
・道路整備水準(4車化率、幅の広い歩道設置率など)は着実に向上していますが、全国平均より低くなっています。

【用語解説】
注)平均交通量:総走行台キロを総延長で除したもの(各調査単位 区間毎の交通量を加重平均したもの)
  走行台キロ:自動車の走行距離の総和(調査単位区間延長にその調査単位 区間の交通量を乗じて加算したもの)

<求め方>

乗 用 車:乗用車,バス
貨 物 車:小型貨物車,普通貨物車
●3路線の走行台キロ
=(10,000台/日×10km)+(1,000台/日×10km)+(20,000台/日×5km)
=210,000台km/日

●3路線の平均交通量
=3路線の走行台キロ÷3路線の総延長
=210,000台km/日÷(10km+10km+5km)
=8,400台/日

問い合わせ先
○国土交通省 東北地方整備局 秋田工事事務所 調査第二課
調査第二課長  舟 山 義 広  TEL:018-823-4167(内線451)
○国土交通省 東北地方整備局 湯沢工事事務所 調査第二課
調査第二課長  佐々木 一 夫  TEL:0183-73-3174(内線451)
○国土交通省 東北地方整備局 能代工事事務所 調査課
調査課長  青 柳  太   TEL:0185-52-6211(内線351)
○秋田県 建設交通部 道路建設課
副主幹  有 明 滋 夫  TEL:018-860-2483(直通)


〒016−0802 秋田県能代市川反町9−3
電話番号/0185−52−6211・6212(代表)
Count