米代川圏域大規模氾濫に関する減災対策協議会

 本協議会は、平成27年9月関東・東北豪雨により大規模な浸水被害が発生したことを踏まえ、 国、県、市が連携・協力して減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、 計画的に推進することにより、米代川において氾濫が発生することを前提として社会全体で 常に洪水に備える「水防災意識社会」を再構築することを目的として設立。 その後令和4年9月30日に県管理河川減災対策協議会と統合再編し、新たに米代川【圏域】大規模氾濫に関する減災対策協議会を設立しました。

旧協議会はこちら

第1回米代川圏域大規模氾濫に関する減災対策協議会

日 時 令和4年9月30日(金)
場 所 能代河川国道事務所 WEB会議
会議資料 次第・名簿 (PDF:111KB)
米代川圏域大規模氾濫に関する減災対策協議会規約の制定 資料1 (PDF:363KB)
「減災対策協議会」・「流域治水協議会」今後の展開について 資料2 (PDF:290KB)
米代川圏域「減災に係る取組方針」の改定について 資料3(別紙) (PDF:4.82MB)
各機関における令和4年度取組計画(フォローアップ)について 資料4 (PDF:247KB)
議事要旨 第1回米代圏域川大規模氾濫に関する減災対策協議会 議事要旨 (PDF:657KB)

取組事例

令和4年度取組(PDF:3.56MB)

▲ページの先頭へ
Copyright(C) 能代河川国道事務所 All Right Reserved.