記者発表です
平成19年 12月21日
国土交通省東北地方整備局
能代河川国道事務所
大川目沢橋工事で橋桁が繋がりました
〜日沿道(大館北〜小坂)の工事が着々と進んでいます〜

 整備が進められている日本海沿岸東北自動車道[大館北〜小坂](延長14km)には5つの橋があり、そのうち2橋が完成しており、さらにこの12月に2橋が完成し、現在工事中の「大川目沢橋」が最後の橋です。大川目沢橋は、大館市大川目沢に建設される鋼鉄製の橋で、橋の長さは5橋の中で最も長い431mです。
 現在行っている上部工工事(橋桁を造り架ける工事)は、今年の3月に桁の工場製作に着手、現場での架設が6月から始まりこの度完了し全体が繋がったものです。今後は来年1月から5月末までは、現場周辺で確認されている猛禽類の生息に配慮して工事を中止し、6月に床版(車の走行面)工事から再開し12月完成を予定しております。
 現場は、主要地方道・大館十和田湖線(樹海ライン)の茂内屋敷地区から約8km入った山間部であるため、資機材運搬等大変厳しい条件のもと、自然環境に配慮しながらの工事であり、今後も安全第一に工事を行っていきます。

《大川目沢橋》
◆諸元 ・橋長: 431m
  ・有効幅員: 10.5m
  ・橋梁形式: 鋼7径間連続ラーメン2主鈑桁橋
◆工事経緯 17年 1月 下部工工事(橋桁を載せる橋台・橋脚を造る工事)着手
  18年10月 上部工工事着手
  19年 1月 下部工工事完成
  19年 6月 上部工架設開始
◆特記事項 省力化・経済性等のため下記構造・工法としています。
  ・従来に比べ少ない桁数・・・主桁2本
  ・床版・・・PRC床版
  ・中間橋脚は、鋼鉄製の橋桁とコンクリート製の橋脚を一体化した複合ラーメン構造
  ・トラベラークレーンによる桁の架設


<お知らせ先:能代市記者クラブ、北秋田市記者クラブ、大館市記者クラブ>

問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 能代河川国道事務所
〒016−0121 能代市鰄渕字一本柳97-1
TEL 0185−70−1001
FAX 0185−70−1273
  道路担当副所長 斉藤 文憲(内線205)
  工務第二課長 渋谷 正之(内線411)



国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所
〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)
Count