日本海沿岸東北自動車道 大館北〜小坂間

◆事業の目的

国道7号の渋滞緩和、災害時等のリダンダンシーの確保 他
◆事業区間
大館市商人留〜小坂町小坂(L=14.0km)
◆構造規格
第1種第3級 幅員w=12.0m
◆事業経緯
平成19年度 大茂内第一トンネル(L=1,823m)完成
平成20年度 雪沢第二トンネル(L=1,849m)完成
◆平成23年度の
 事業内容
用地取得・改良工事・トンネル工事の推進



『リダンダンシー(redundancy)』
 国土計画上では、自然災害等による傷害発生時に、一部の区間の途絶や一部施設の破壊が全体の機能不全につながらないように、予め交通ネットワークやライフライン施設を多重化したり、予備の手段が用意されている様な性質を示します。 
 


大館北〜小坂間の整備効果


●地域連携の強化による活力の創造

 人々の活動・交流が盛んになり、米代川流域の地域連携、さらには県内各地域、北東北3県の連携等が深まり、企業進出、観光客の増加等が期待できます。

●地域の生活環境・安全を確保

 生活交通と通過交通の分離により、渋滞の緩和、騒音・振動の低減等生活環境の向上、交通事故の減少等安全が確保されます。

●特色ある地域づくりを支援

 土壌浄化施設での各種金属鉱物の分離回収、東北最大規模の廃棄物最終処分場、廃家電のリサイクルなど、秋田県北部地域の特色であるリサイクル物流拠点づくりを支援します。




〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)