一般国道7号 鷹巣大館道路・大館西道路

一般国道7号 鷹巣大館道路

◆事業の目的

大館能代空港へのアクセス向上
国道7号の混雑緩和、災害時等のリダンダンシーの確保
生活圏中心都市間(北秋田市〜大館市)の連携強化 他
◆事業区間
北秋田市脇神〜大館市櫃崎(L=13.9km)
◆構造規格
第1種第2級 幅員w=12.0m
◆事業経緯
平成17年度 北秋田市栄〜大館市櫃崎間(L=8.3km)事業着手
平成19年度 あきた北空港I.C〜北秋田市栄間(L=5.6km)延伸事業化
◆平成19年度
 の事業内容
北秋田市栄〜大館市櫃崎間(L=8.3km)
 用地買収・改良工事を継続推進。引欠川橋(L=67m)下部工完成
 引欠川橋上部工及び摩当山トンネル(L=3,332m)に着手予定
あきた北空港I.C(仮)〜北秋田市栄間(L=5.6km)
 用地調査を予定



一般国道7号 大館西道路

◆事業の目的

国道7号の渋滞緩和、災害時等のリダンダンシーの確保 他
◆事業区間
大館市櫃崎〜大館市商人留(L=8.8km)
◆構造規格
第1種第2級、第1種第3級 幅員w=22.0〜23.5m(暫定12.0m)
◆事業経緯
昭和57年度 事業化
平成10年度 大館南I.C〜大館市釈迦内(L=4.6km,2/4)供用
平成15年度 大館市櫃崎〜大館南I.C間(L=2.6km)延伸事業化
平成18年度 用地買収完了、真中大橋(L=307m)、根下戸こ道橋(L=32m)完成
◆平成19年度
 の事業内容
大館市櫃崎〜大館南I.C間(L=2.6km)
 改良工事の継続推進
大館北I.C(仮)〜大館市商人留間(L=1.6km)
 設計協議、用地買収の継続推進。改良工事に着手。



『リダンダンシー(redundancy)』
 国土計画上では、自然災害等による傷害発生時に、一部の区間の途絶や一部施設の破壊が全体の機能不全につながらないように、予め交通ネットワークやライフライン施設を多重化したり、予備の手段が用意されている様な性質を示します。 
 

鷹巣大館道路・大館西道路の整備効果


国道7号 大館市川口地区
●交通混雑の緩和・交通事故の削減

 国道7号では朝の通勤時間帯や、特に冬期間には著しい渋滞となり、また、生活交通と通過交通の混在等に起因する事故、冬期の凍結等による事故も発生しています。
 鷹巣大館道路・大館西道路が整備されることにより、交通混雑の緩和・交通事故の削減が図れます。

●通行止め時の迂回路を確保

 国道7号は県北地域の大動脈ですが並行する代替路線がなく、鷹巣大館道路・大館西道路が整備されることにより、通行止め時の迂回が大幅に軽減されます。


大館能代空港
●大館能代空港、能代港の利便性向上に貢献

 日本海沿岸東北自動車道と大館能代空港、能代港が連結することで、観光客の利便性の向上、物流の効率化、地域の活性化などが期待できます。

●救急医療機関へのアクセスを支援

 高度医療サービスを提供できる「三次救急医療施設(秋田市、弘前市)」への搬送時間が短縮されることにより、大幅な救命率の向上が期待できます。

秋田赤十字病院



〒016-0121 秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1
電話番号/0185-70-1001(代表)