▼県北の交通史
1)県北の街道と陸運

羽州街道

 羽州街道は奥州街道の桑折(こおり)(福島県)から分岐し、山形・秋田を経て青森に至る、出羽国にとっての幹線道路だった。県北では能代の町を通らず、金光寺(山本町)〜檜山(能代市)〜鶴形(能代市)ルートで大館に向かい、矢立峠を越えて碇ヶ関(青森県)、弘前を通り、油川(青森市)でふたたび奥州街道に合流していた。
 当時の物資輸送の主役は舟運であり、街道を利用しての陸運は、舟運不可能な区間を人足や牛馬で補うものだった。主な街道は参勤交代や領国視察のための道という性格が強かったが、久保田(秋田市)以北の羽州街道を参勤交代に使ったのは津軽藩(弘前や黒石)だけだったという。
 藩政時代を通じて、久保田以北の羽州街道の整備は余り進まず、特に県北の羽州街道には多くの難所や悪路があった。旅人たちは荷上場(二ツ井町)から小繋(二ツ井町)への「一里の渡し」や、陣場(大館市)から矢立峠に向かう「四十八川」など、道筋すら無い区間を越えなければならなかった。

 

 

「秋田街道絵巻」より羽州街道と能代道(大間越街道)の追分(山本町金光寺)


目次県北のすがた県北の歴史県北の交通史県北の道路事情参考資料

〒016−0802 秋田県能代市川反町9−3
電話番号/0185−52−6211・6212(代表)