活動状況・育苗作業

活動状況・育苗作業

平成29年度

6月10日(金)  第10回育苗作業日

3月末の種蒔きから約2ヶ月半。とうとう花苗旅立ちの日を迎えました。
開会式では、ふれあいロード連絡会の岩谷副会長から「全10回の育苗作業で育ててきた花苗を、今度は皆さんの花壇で、9月に行われるねんりんピックの頃まで道行く人の心を和ませてあげられるように花を咲かせてほしい。」との挨拶があり、配付準備作業に集まった会員で活動20年目の集合写真を撮りました。
その後、3班に分かれて、約1時間程で団体毎の花苗を仕分けし、順次、受け取りに来た団体が花苗を貰っていきました。
午後からは、早速、国道7号沿線花壇に花苗を植栽する姿があちらこちらで見られました。
延べ138名参加、全10回の育苗作業で種から育てた花苗がそれぞれの花壇できれいに咲きますように!

※画像をクリックすると拡大できます。

6月6日(火)  第9回育苗作業日

今週末の花苗配付を控えて、配付前のグループ分けの作業と花苗と一緒に配る肥料の計量作業を行いました。
配付作業をスムーズに行うために、前日(6月5日)に能代西高校から届いた日々草を1トレイ24ポットにする作業からスタートし、全体を大きく3つの班に分けて、花苗を班毎の数量に分けて移動しました。
今回も後半はバケツリレー方式で声を掛け合いながら、花苗が入ったトレーを運搬しました。
久しぶりの晴天で、気持ちよく作業できました。金曜日の配付日も晴れてくれるといいなぁ…。

※画像をクリックすると拡大できます。

6月2日(金)  第8回育苗作業日

雨の中の作業になってしまいましたが、15名の会員さんが集まり、サルビア苗を1トレイ20ポットにする調整とマリーゴールド中輪とサルビアの一番花摘みの作業を行いました。
マリーゴールドの花摘みは毎年行っている作業ですが、サルビアも苗のてっぺんの芽を摘むことで脇芽が出て花持ちが良くなるため、秋まで花盛りが続くことを願って摘み取り作業をしました。
雨天のため作業は1時間程度で早めに終了しましたが、終わりに育苗ハウスに集まって、ハウス内に飾っている過去の花壇の写真などを見ながら、作業終了としました。

※画像をクリックすると拡大できます。

5月31日(水)  能代西高校花植えボランティア活動

ふれあいロード連絡会の加入団体である能代西高校の花植えボランティア活動が行われました。
ふれあいロード連絡会の岩城会長と塚商花○会の中村さん、事務局が植栽指導やお手伝いで参加しました。
1年生17名による花植え活動で、プランター花壇、周辺歩道がきれいに生まれ変わりました。
日々草200株を丁寧に植栽しました。(詳しくは「能代国道維持出張所ニュース第72号」をご覧下さい。)
セカンドストリート店舗側のプランターの世話をしてくださっている近くの五十嵐さんにお会いし、感謝の気持ちを伝えることが出来ました。
雑草取り、水かけ等のお世話、ありがとうございます!

※画像をクリックすると拡大できます。

5月26日(金)  第7回目育苗作業日

サルビアのポット移植、ポット苗への追肥、百日草のつぼみ摘み、水かけを行いました。
天気も良く、いつもより多い14名の会員が参加し、作業が順調に進みました。
会員さんが手作りケーキを持ってきてくれて、休憩時にみんなでワイワイ食べました。
とても美味しく、休憩後の作業の活力となりました。差し入れ、ありがとうございました。
百日草は、一番上のつぼみを摘むことで脇からの芽が沢山出るようにと、やっとついたつぼみが勿体ない気はしますが、丁寧に摘み取りしました。
サルビアも1ポットだけですが、開花しました!

※画像をクリックすると拡大できます。

5月19日(金)  第6回目育苗作業日

マリーゴールド中輪のポット移植、外に並んでいるマリーゴールド大輪と百日草への置肥、ハウス内から外へサルビア花苗の運び出し、サルビア仮植苗のポット移植を行いました。
サルビア花苗の運び出しでは、集まった13名の会員みんなでハウス内から外へバケツリレー方式で、「もっとゆっくり〜」、「ちょっと休憩」、「もう少しで終わりだよ〜」などと声を掛けあいながら、花苗ポットが入ったトレイを手渡しして運びました。今回の作業でポット移植して外に並べられたマリーゴールド中輪の苗に風対策のための不織布も掛けて、作業終了となりました。

※画像をクリックすると拡大できます。

5月12日(金)  第5回目育苗作業日

育苗作業もいよいよ中盤。作業には、10名の女性会員さんが集まりました。
前回作業日に出来なかった百日草のポット移植をメインに、ハウス内のサルビアポットへの追肥と次回使うポットの土詰めも少し行いました。
一度仮植し育苗してきた百日草は根張りが良く、花色と同じ黄色のポットに植え替えられました。
作業合間には会員同士のおしゃべりにも花が咲きました。
予定数量1,800株を若干上回るポット数が完成し、外にずらりと並べられました。

※画像をクリックすると拡大できます。

5月8日(月)  第4回目育苗作業日

ゴールデンウィーク期間中、会員の方がハウス内の花苗のお世話を頑張ってくれたおかげで花苗が一回り大きく成長していました。本日ポット移植作業予定のマリーゴールド大輪と百日草は、移植後に外へ並べても寒さに耐えられるよう順化訓練のため、外で不織布に覆われていました。
本日の作業では、マリーゴールド大輪をポット移植して外に並べて、風よけ対策に不織布で覆いました。
作業に参加した10名の会員さんの頑張りで、予定数量を上回る1,840ポット完成しました。

※画像をクリックすると拡大できます。

4月24日(月)  第3回目育苗作業日

マリーゴールド中輪の種蒔き、サルビアの仮植、次回使うポットの土詰めの作業予定でしたが、サルビアは苗が結構伸びていて、ベテラン会員さんの意見で、サルビアの大きいものはポット移植、小さいものは仮植にしました。
植物相手の作業なので、天候や成長状態で作業がずれたりするのが、難しいところです。
予定以上に沢山のポットの土詰め作業となり、いつも以上に作業に時間が掛かりましたが、16名の会員の皆さんで何とか3回目の作業を終えることが出来ました。
皆さん、本当にお疲れさまでした。

※画像をクリックすると拡大できます。

4月14日(金)  第2回目育苗作業日

前回作業日に種蒔きをしたサルビアと百日草が育苗ハウスの中で順調に育っています。
今日は、成長した百日草の苗をトレイに間隔をあけて植え替える仮植(かしょく)の作業とマリーゴールド大輪の種蒔きをしました。
外は強風でしたがハウスの中は温かく、作業に集まってくれた9人の会員の皆さんと事務局で、雑談しながらも手際よく作業を行いました。

※画像をクリックすると拡大できます。

3月24日(金)  第1回目育苗作業日

平成29年度の育苗作業が始まりました。
雪が降る寒い日の作業でしたが、会員11名の参加によりサルビア・百日草の種蒔きをし、
移植用ポットの仕分け作業も行いました。
新聞2社の取材もありました。(新聞掲載、乞うご期待!)

※画像をクリックすると拡大できます。


【↑このページの先頭へもどる】