国土交通省東北地方整備局 成瀬ダム工事事務所

成瀬ダムではたらく車

  1. トップページ
  2. 成瀬ダムではたらく車

成瀬ダムではどんな機械がはたらいているの?   はてな?

 大きなダムを作るためには、とても多くの”はたらく車”が必要です。
 土をほるバックホウ、土や石を運ぶダンプトラック、土や石を押すブルドーザ・・・他には?
  ここでは、成瀬ダムを作っている様子に合わせて、どんな機械がはたらいているのか、その機械ののうりょくなど分かりやすくしょうかいしたいと思います。

知っている?       プレゼン

 はたらく車の名前はなんと言うかか知っていますか?
 知っているようで、ちがうよび名で覚えていたりします。
 成瀬ダムではたらく車をしょうかいする前に、おさらいしておきましょう。

dam

 ◆ダムや、川、道路などを作ったり、なおしたりするために、”はたらく車”を「建設機械(けんせつきかい)」と言います。

 ◆バックホウは、油圧ショベルやショベルカーなど、さまざまのよび名があります。会社によってよび名は変わるよ
  ここでは、下の絵のように、区別してよんでいます。
  バックホウはどちらかと言うと、"地面をほる"ことがとくいな機械で、土を手前に引きよせてすくいます。

  成瀬ダムでは、ダムができる場所を固い岩盤(がんばん)が出てくるまでほる作業や、ダムのコンクリートやCSGの材料がうまっている場所をほる作業で使われています。そして、そのほった砂や石、原石山を火薬でくずした岩などをダンプカーに積むときにかつやくします。

 ◆ローディングショベルは、アームの先にバケット(ショベル)が前向きに取り付けられたものです。
  バックホウと比べて、地面をほるよりも、地面よりも高い部分の土などをすくい上げることがとくいな機械です。

  バケットの大きさが大きいものが多く、鉱山などでかつやくしています。

  バックホウ=ほる、ショベル=すくい上げる というような分け方です。
   バックホウとローディングショベル     油圧ショベル

    バックホウ             ローディングショベル

 ◆ブルドーザは、排土板(はいどばん)とよばれるブレードで、土や石を押し移動させたり、山を切り開いたり、でこぼこの地面をならしたりします。車体の後にはリッパとよばれる爪を取り付け、固い地面をほりおこすこともできます。
  土を押す力と、ふんばる力ははたらく車の中でもナンバーワン!
名称     ブルドーザの言われ

 ついでに・・・
 ◆トラクタは、何かの作業をするときに、引っぱったり、さまざまなアタッチメントを取り付けられるきのうを持った車体のことを言います。ブルドーザのように、土を押したりするブレードを取り付けたりする土木工事用のトラクタ、荷物を積むトレーラを引っぱるトラクタや、農作業のアタッチメントを取り付けられる農業用のトラクタなどです。

トラクタ

 ◆はたらく車の多くは、タイヤでは走れないデコボコ道やぬかるんだ場所、急なしゃ面が多いので、クローラとよばれる走行そうちで走ります。クローラも機械を作っている会社によってよび名が変わることがあるよ。

  クローラ        クローラの日本語
    クローラ(図の動いている部分)

 ◆ダンプトラックは、トラックの車体にかたむけられる荷台があり、たくさんの荷物を一度におろすことができる車です。
 ダンプ比較 ベッセル
             ダンプトラック

 

  道路を走っているダンプトラックは、車体と、乗ることができる人の数、積む事ができる荷物(約10t)の合計(そう重量)が20tまでと決められています。これは、道路や橋などが壊れないように決められているためです。

過積載道路車両制限令

  しかし、成瀬ダムの工事げんばのように、"舗装されていない(工事のための)道路”(オフロードというよ☆)しか走らないような場所では、一度に大量の土や石を運んだ方が工事を早くすすめることができます。

  このようなオフロードしか走らず、一般道を走る普通ダンプトラックに比べて、一度に重い荷物(土や石など)を積むことができるダンプトラックを”重ダンプトラック"とよんでいます。
  世界最大のものは、一度に496tもの土や石を運ぶことができるそうです。

 この重ダンプですが、その車体のこうぞうのちがいからリジットフレーム型とアーティキュレート型の二つに分けられます。
 ◆リジットフレーム型:Rigid frameを直訳すると[剛結骨格]で、左右に曲がるときは、普通の自動車と同じように前輪でかじをとり曲がります。

リジットフレーム型

 ◆アーティキュレート型:articulatedには関節や連結という意味があり、左右に曲がるときは、車体を折り曲げることにより、かじをとり曲がります。

アーティキュレート型
 

では、成瀬ダムでは、どんなはたらく車が動いているか見てみましょう。

成瀬ダムで見ることができるはたらく車

 成瀬ダムは、平成29(2017)年度から成瀬ダムの工事が本番をむかえています。
 今は、ダムよりも高い部分の地面やダムを作る場所の土やかたい岩石をほっています。
 また、ダムをつくる場所にある成瀬ダムの一部となる砂利や石をほり、別な場所へ一時的に置いています。

工事している場所  

一度に全ての機械をしょうかいできないので、準備ができしだい追加していく予定です。

バックホウ

EX1200写真をクリックすると、大きく表示されます

名 前 バックホウ6.7m3
すくう量 山積み6.7m3、平積み5.1m3
山積みは、バケット山もり、平積みは、バケットすり切り1ぱいの量
大きさ 長さ16.27m/高さ4.35m/はば5.43m
重 さ 112.0t
エンジン ターボ(インタークーラ)付きディーゼルエンジン
はいき量 23.15リットル(23,150cc)
出 力 552kW/(750PS)
とくちょう 成瀬ダムではたらくバックホウの中で、一度に土をすくう量が、もっとも大きな種類のバックホウです。
(平成30年10月時点)
道路を走っている10t積みのダンプトラック(大型ダンプトラックとよばれているもの)なら、1回にすくう
量でまんぱいにできるだけではなく、やく2tも多く積んでしまうことになります。
成瀬ダムではたらく55t積みの重ダンプトラックだと、だいたい5はいでまんぱいにすることができます。

山積みと平積みのちがい

ペットボトル13400本

山積み6.7m3の量は、500mlペットボトル13,400本分!にもなります。

土を山積みにした時の重さは、およそ12.86t(6.7m3×1.2[バケットまんぱい率]×1.6[土の1m3あたりの重さ])になります。

これは、小学4年生の男子376人を持ち上げることができる力です。
(平成29年度学校保健統計での小学4年生男子の全国平均体重から34.2kgとして計算)

376人を持ち上げる

成瀬ダムではたらくバックホウですが、小さなものから大きなものまではたらいています。
バケット(土などをほり すくい上げる部分)の大きさが、最も小さいものでは0.022m3で、最も大きな6.7m3と比べると304倍もちがいます。

 

ダンプトラック

55t積み重ダンプ写真をクリックすると、大きく表示されます

名 前 ダンプトラック55t積み(リジットフレーム型)
積める重さ 55t
積める量 34.2m3(山積み)、25m3(平積み)
大きさ 長さ9.355m/高さ4.4m/はば4.595m
重 さ 44.6t
エンジン ターボ付きディーゼルエンジン
はいき量 23.15リットル(23,150cc)
出 力 552kW/(725PS)
とくちょう ふだん目にするダンプトラックは約10t積みです。
成瀬ダムのけんせつ現場では、その5倍以上の55tもの土や石を積むことができる重ダンプトラックがかつやくしています。(平成30年10月時点)
ほそうされていないオフロードを走り、たくさんの土や石を運ぶことができますが、あまり急な坂やぬかるんだ道はとくいではありません。
55tの重さは、男鹿水族館のホッキョクグマ(豪太君)が157頭分と同じです。
34.2m3の量は、灯油を入れるポリタンク(18リットル)を1900個積むことができる量です。
500mlペットボトルでは、68,400本分です。
55t=豪太君157頭55tは男鹿水族館の豪太(ごうた)くん157頭分

34.2m3=ポリタンク1900個

68,400本のペットボトルを縦につなげると、なんと14kmもの長さになります。
これは、横手市十文字の国道13号と国道342号の交差点(佐賀会沖田交差点)から東成瀬村に向かい、
成瀬ダム工事事務所への交差点を過ぎ、東成瀬村ふる里館までの距離とほぼ同じです。

アーティキュレートダンプ写真をクリックすると、大きく表示されます

名 前 ダンプトラック40t積み(アーティキュレート型)
積める重さ 41t
積める量 25m3(山積み)、18.5m3(平積み)
大きさ 長さ11.430m/高さ4.045m/はば3.530m
重 さ 33.4t
エンジン ターボ付きディーゼルエンジン
はいき量 18.1リットル(18,100cc)
出 力 376kW/(511PS)
とくちょう 6輪すべてがエンジンとつながっていて、ぬかるんだ場所や急な坂で、場所を選ばず走ることができます。
成瀬ダムのけんせつ現場のなかでも、ぬかるんだ場所や急な坂でも走ることができることから、原石山からの石や岩を運んだり、雨の日のぬかるんだときにかつやくしています。

一度に全ての機械をしょうかいできないので、準備ができしだい追加していく予定です。☆

このページの先頭へ戻る