HOME > 鳴子ダムを学ぶ! > 環境 > ダム湖の水質について

環境

鳴子ダムの水質について

鳴子ダムの水質調査の概要

鳴子ダム管理所では、貯水池水質状況を把握し、今後のダム管理上、水質保全に万全を図る目的で、昭和46年度より実施しています。

この水質調査は、「水質汚濁防止法」第16条の第1項に基づき、公共用水域水質計画書その他により、毎月(または隔月)の年12回(6回)の水質調査を実施しています。

鳴子ダム管内の水質基準地点の環境基準は、河川は「AA類型」、ダム湖は「湖沼AA類型」となっています。

水質調査地点

鳴子ダムの水質調査は、当初、「轟」・「大深沢」・「ダムサイト」の3箇所で始められました。その後昭和51年度より「放水口」、平成6年度より「大沢 川・上大沢川合流点」、平成14年度から「大沢川・田沢川合流点」が加わって、現在計5箇所で調査を実施しています。 また、その他に毎年「O-157調 査」として、貯砂ダム地点で臨時的に採水調査を実施しています。

 

水質と調査結果

ダム湖の水質状況については、基礎的なものとして「貯水位」「水温」「pH」の経月変化図があります。

7月の水質調査結果(実施日7月28日)
項目 単位 調査地点
ダムサイト 貯砂ダム
水温 23.4 16.8 17.0
PH 6.6 7.3
COD mg/l 1.1 1.3
SS mg/l 4 8
DO mg/l 9.2 9.8
大腸菌郡数 MPN/100ml 2.4E+02 7.9E+03 3.3E+03
※注1:ダムサイト(ダム貯水池)のCODは3層(表層・中層・湖底)の平均値です。他は各調査地点の表層値です。
※注2:ダムサイト以外の調査項目は月によって異なります。

鳴子ダムにかかる水質については、流域の水質事故を含め、今後も継続調査を行って監視していくことになっております。