白川ダムブログ

プチ・トピックス

2019.05.09更新

湖面巡視体験ルートの確認を行いました! この景色も残りわずか! 今、見頃です!

今、白川ダムの水没林が見頃を迎え飯豊山系の残雪の白、湖岸公園の八重桜の濃いピンク色、沿道に植えられたスイセンの淡い黄色など、鮮やかに彩られた景色を楽しむため、多くの人が訪れています。今年は、写真撮影や水没林を湖面よりカヌーなどで楽しんでいる方も多く例年に比べ賑わいを見せています。

5月11日~12日に開催予定の湖面巡視体験に向けて巡視ルートの障害物等の撤去、確認を行いました。湖岸公園のヤナギは新緑を迎え、晴天が続いているため水の透明度も良好できれいなエメラルドグリーンやスカイブルーのダム湖となっております。

白川ダムでは、夏季の洪水調節に活用する容量を確保するため、5月中旬から6月中旬にかけて、貯水位を約10m徐々に下げていきます。

このため、白川ダム湖岸公園の水没林をはじめする、満々と水をたたえた白川湖の景色を見ることができるのは今年もあとわずかになりました。

注意:湖面巡視体験当日に湖面を利用される方は、船舶の往来による波の発生が予測されますのでご注意願います。ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

湖面巡視体験ルートの確認中!

湖面巡視体験ルートの確認中!

~きれいな水没林になっています!~

~きれいな水没林になっています!~

~湖面からの飯豊山・水没林・湖岸公園~

~湖面からの飯豊山・水没林・湖岸公園~