白川ダムブログ

プチ・トピックス

2018.04.04更新

白川湖の水没林をホームページで確認できます

白川ダムの貯水池「白川湖」では、融雪時期の4月から5月中旬にかけて、ダムの水位が上昇します。 ダム上流の白川湖岸公園周辺では、湖内に群生するヤナギなどの樹木が水に浸かって、まるで水没したかのように見える「水没林」が現れます。

これから木々の若葉が萌え出すと、湖面に映る木々の緑、遠くに見える飯豊山系の残雪の白、湖岸公園の桜のピンク、道路沿いに植えられている水仙の黄色など、色鮮やかな光景を楽しむことができます。

ダム周辺の安全監視のために、白川ダムが設置している監視カメラで、この水没林の様子が確認できますので、最上川ダム統合管理事務所のホームページからアクセスしてください。

須郷橋付近から見た水没林と飯豊山系の残雪(平成29年5月撮影)

須郷橋付近から見た水没林と飯豊山系の残雪(平成29年5月撮影)

ただし、ホームページの画像は、1時間毎の静止画となりますので、ご了承願います。

ライブカメラへのアクセス方法

以下の画像をクリックすると最新のカメラ映像がご覧いただけます。

貯砂ダムカメラの画像 須郷橋カメラの画像 湖岸公園カメラの画像
貯砂ダムカメラの画像 須郷橋カメラの画像 湖岸公園カメラの画像