白川ダムブログ

プチ・トピックス

2018.02.08更新

早くも春の気配・・・?

ふきのとう

本日の設備点検の際に、庁舎敷地内(屋外)で、なんと『ふきのとう』が顔をのぞかせているのを発見してしまいました(◎o◎)!!

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ冬真っ只中の白川ダム周辺。 ちょうど今頃の時候の挨拶文には『ふきのとう』が使われるそうですが、そうは言っても雪解けとともに土の中から顔をだすのが本来の『ふきのとう』のはずでは?? ちなみに、冬眠していた熊が目覚めて一番始めに食べるのも『ふきのとう』とのこと。

だいぶフライング気味ですが、この厳しい寒さの中でも芽吹く『ふきのとう』の生命力に驚きつつ、まだまだ先の春を感じることができ嬉しくなりました(*^_^*)。


ふきのとう

ダム湖面の様子(平成30年2月8日AM撮影)

午前中は青空が広がりました。9:00の白川ダムの積雪深は218.2cmです。