河川協力団体制度について

河川協力団体制度とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行うNPO等の民間団体を国が支援するものです。東北地方整備局の山形県内事務所及び管理所では、今般、NPO等の団体を対象に河川協力団体制度の募集を実施する予定です。

河川協力団体は、河川の維持、河川環境の保全等の活動を適正かつ確実に行うことができると認められる法人等が対象となります。なお、河川協力団体に指定されると河川法上の許可等の簡素化及び河川管理者が必要と認める場合、河川管理等の委託を受けることが可能となります。

河川協力団体に河川管理のパートナーとして活動していただくことで、地域の実情に応じた多岐にわたる河川管理の充実が図られるものと期待されます。

河川協力団体募集について

最上川ダム統合管理事務所管内での活動を希望する河川協力団体を募集します。

募集期間

平成28年11月15日(火)から 平成28年12月16日(金)まで

募集要項

募集に関する詳細は、募集要項をご覧ください。

申請に係る様式等ダウンロード

(WORD 2007 形式)

参考資料

河川協力団体指定準則 (PDF:133KB)

問合わせ窓口

詳細については、下記にお問い合わせ下さい。
最上川ダム統合管理事務所 管理課
TEL:0237-75-2312(直通)