長井ダムブログ

プチ・トピックス

2022.06.20更新

ある日の巡視の出来事~続編

タイトル
卵は無事との報告を受けました。

卵は無事との報告を受けました。

その後、巡視の度に卵を観察してもらっていましたが、親鳥と会えたのは一度きり。果たして卵は孵化するのか?懸念していた他の動物の攻撃はなく、今のところ卵5個とも健全です。せっかくなので、キセキレイについて調べてみました。


タイトル
枠
  • 抱卵中
  • キセキレイは、スズメ目セキレイ科の黄色いセキレイ類。長い尾を活発に振りながら川岸を歩く。日本でも北海道から九州までの全国で繁殖。巣は浅い椀形で枯れ草、松葉、細根などで作られる。産卵期は4~8月。卵数は4~6個。抱卵日数は11~14日位。
    巣立ちまでの日数は11~14日位。
    声について:繁殖期には屋根の上や電線にとまって、「チチチチ」とか、少し濁って「ヂヂヂヂッ」という声でさえずる。飛翔中には「チチン、チチン」
    とか「チチチ、チチチ」と、高く澄んだ声で鳴く。

    参考文献: 山と渓谷社
    『山渓カラー名鑑 日本の野鳥』 P396より抜粋。