長井ダムブログ

プチ・トピックス

2018.09.06更新

貯水率が回復!!

下流広場より 8月31日撮影

下流広場より 8月31日撮影

渇水が発生すると、給水制限が行われるなど、日常生活に支障をきたします。 最上川でも7月中旬頃から多くの観測地点で基準流量を下回り、懸念される声も聞かれました。 長井ダムでは、下流の農業用水に支障が生じないよう放流を行いました。 今夏一番水位が低くなったのは、8月15日の350.8mでした。 8月下旬、まとまった降雨により、貯水率も順調に回復しましたヽ(^0^)ノ

8月31日、長井ダムでは、前線による影響から水位が常用洪水吐敷高(EL367.3m)を越え、常用洪水吐きからの越流が始まりました。

常用洪水吐きから勢いよく流れています 天端中央展望台より 8月31日撮影
常用洪水吐きから勢いよく流れています 天端中央展望台より 8月31日撮影
折草沢橋から竜神大橋を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
折草沢橋から竜神大橋を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
ながい百秋湖展望所からダム堤体を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
ながい百秋湖展望所からダム堤体を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
堤体左岸からながい百秋湖を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
堤体左岸からながい百秋湖を望む(8月15日撮影) (9月5日撮影)
8月23日の貯水位は355.6m。貯水率は61%です

8月23日の貯水位は355.6m。貯水率は61%です

9月4日の貯水位は368.1m。貯水率は100%です

9月4日の貯水位は368.1m。貯水率は100%です

今年の夏は、置賜地方は渇水で悩まされる中、最上地方では豪雨による河川の氾濫。 同じ県内でも【渇水】と【洪水】、別の意味で水に悩まされました。 その、どちらも調整・管理する施設として存在するのが【ダム】なのですね!!