長井ダムブログ

プチ・トピックス

2017.05.25更新

長井ダムからの越流は終了しました

【参考資料】 過去5年間の越流状況
年 度 開始日 終了日 越流期間
平成29年度
4月7日
5月25日
49日
平成28年度
4月1日
5月19日
49日
平成27年度
3月23日
6月2日
72日
平成26年度
3月27日
6月19日
85日
平成25年度
3月29日
6月17日
81日

今年は4月7日に常用洪水吐敷高(EL367.30m)の水位を越え、常用洪水吐から雪解け水が流れる【融雪越流】が始まり、この時期ならではの景観をお楽しみいただいておりました。

5月25日午前2時55分、水位はEL367.29mとなり、越流は終了いたしました。

昨年度の越流期間が49日と、長井ダムが管理に移行してから一番短いと記録されていたのですが、今年も昨年同様の49日間という最短期間となってしまいました。


越流終了後の状況(ダム下流より)5月25日撮影

越流終了後の状況(ダム下流より)5月25日撮影

越流終了後の状況(ダム天端より)5月25日撮影

越流終了後の状況(ダム天端より)5月25日撮影

花

越流の終了により、長井ダムから流れ落ちる水の音は聞こえなくなりましたが、ダムの周辺では、鳥や昆虫の声や風の音が際立つようになりました。 長井ダム周辺は、日ごとに山々の緑も深まっていき、これからどんどん本格的な夏に向かっていきます。

ぜひ長井ダムにお出でいただき、周辺の景観と、鮮やかな緑に染まるながい百秋湖の湖面を、どうぞお楽しみ下さい。