長井ダムブログ

プチ・トピックス

2016.08.17更新

フリーペーパーが取材に訪れました

平成28年8月17日(水)、山形市内を中心に県内各所で配布されているフリーペーパー「ヨミウリウェイ」が、長井ダムを取材に訪れました。 今回の取材では、「手軽に行けてちょっとひんやりする小さな冒険」をテーマに、山形県内の洞くつとダム見学を特集する一環で、監査廊を巡る長井ダムの見学コースを体験しました。

展示室での概要説明

展示室での概要説明

取材当日は、台風7号の接近により荒天が懸念され、取材陣が訪れた午後は時折小雨が降っていましたが、目的が監査廊ということもあり、取材を進めることになりました。

訪れたのは、編集者、カメラマン、モデルの3人。 展示室でダムの概要の説明を受けた後、お待ちかねのダム内部の監査廊に進入。 この日は、台風の影響で外気温が低かったこともあり、監査廊内との気温差はさほど大きくはなかったのですが、外に比べひんやりとすることに、驚いていました。 監査廊を進み、エレベータで天端に出たときにはすっかり雨も上がり、天端からダム下流面やながい百秋湖を眺めたり、天端を歩いたりしながら、ダムの楽しさを満喫した表情をみせていました。


監査廊内の階段を眺める 天端から湖面を眺める
監査廊内の階段を眺める 天端から湖面を眺める
天端で万歳? ダムを背景にヤッホーポイントで!
天端で万歳? ダムを背景にヤッホーポイントで!

ヤッホーポイントであるテラスに近づいてきたとき、湖面に閉じ込められたかのように架かる虹を見つけました。 ダムの職員や取材陣も、初めて見る光景を目のあたりにして、珍しそうに眺めていました。

湖上に架かる虹
湖上に架かる虹

この日は、台風の余波の影響からか、ヤッホーポイントからのこだまは返ってきませんでしたが、それ以外の長井ダム見学ポイントは、しっかり見てもらいました。 取材した様子は、9月10日発行の紙面に掲載されるようですので、見かけましたらどんな内容で紹介されているのか、確認して下さい。