みちのく公園と東日本大震災追悼祈念プロジェクト 東北国営公園事務所

事業概要

みちのく杜の湖畔公園

ゾーンについて

みちのく公園は、豊かな自然を生かし、レクリエーションの基本に立ったストーリー性豊かな4つのゾーンから成っていて、それぞれテーマに沿った整備がなされています。
「文化と水のゾーン」「健康と緑のゾーン」「森と環境のゾーン」「湖面・湖畔のゾーン」の総面積 647.4ha。

ゾーンについて

南地区 (文化と水のゾーン:89.2ha)

みちのく公園の中心となるゾーンで、東北らしさを強調した「文化」と、人間の命を育む「水」をメインテーマとしています。
主な施設:彩のひろば・湖畔のひろば・ふるさと村 など

北地区 (健康と緑のゾーン:71.8ha)

畑地、草地を主体とする牧歌的な景観をもつ区域で、人口の増加と高齢化、産業の高度化などによりこれからますます必要となる「現代人の健康づくり」と「人間性の回復」をメインテーマとしています。
主な施設:エコキャンプみちのく・風の草原・自然共生園・ドッグラン

里山地区 (森と環境のゾーン:131.3ha)

公園区域中央の丘陵半島部分に展開し、クヌギ・コナラなどの二次林と、スギ・ヒノキなどの植林地で構成された区域で、「人と自然のふれあい」をメインテーマとしています。
主な施設:森の楽校・地域交流館「小野分校」

湖面・湖畔のゾーン (355.1ha)

釜房湖(ダム)の水面と湖畔の区域で、「ダムの機能を損なうことのない景観形成と親水性豊かなレクリエーションの提供」をメインテーマとしています。

釜房ダムホームページはこちらから

  • 復興祈念公園
  • みちのく公園
  • 契約情報
  • 入札公告
  • 国土交通省ハザードマップポータルサイト
  • おもしろ物語@工事現場
  • かわさきあそび
  • 石巻市
  • 陸前高田市