白河拡幅は、白河市及び西郷村の市街地の交通混雑の解消を目的とした事業であり、延長5.2qの国道4号線の4車線拡幅事業です。昭和48年度に事業着手し、平成25年度までに4.9q区間を4車線で供用しています。
 残る300m区間(白河病院前交差点から薄葉交差点)については平成27年度に供用しました。
白河拡幅工事案内はこちらをクリック
起点側から見た白河橋周辺
起点側(東京方面)より白河橋周辺を望む
事業経緯  昭和48年度 /事業着手
 昭和55年度 /都市計画決定(S55.8)
 昭和60年度 /工事着手
 昭和62年度
 〜平成3年度 /4車線供用(L=2,500m)
 平成9年度
 〜平成11年度/4車線供用(L=700m)
 平成12年度 /事業延伸(L=2,000m)
 平成18年度 /4車線供用(L=400m) 
 平成22年度 /(新)白河橋下り線供用
            (L=148m)
 平成25年度 /4車線供用(L=1,300m)
   ※(新)白河橋上り線(L=148m)を含む
 平成27年度 /L=300m開通により
           全線開通
道路規格  構造規格 /第3種第1級
 設計速度 /80q/h
 車線数   /4車線
    標準横断図


出張所トップページへ戻る