TOP >防災情報

北上川5大ダムから放流する時の『放流警報音』を確認しよう!

  • ● ダムからの放流時に、警戒を促す役目を持つのが警報設備(スピーカー・サイレン)になります。
  • ●「防災操作」や「異常洪水時防災操作※1」の際、実際に鳴らす音を下記から聴くことができますので、 ご確認ください。
ダムくん

※1)「異常洪水時防災操作」とは、計画以上の洪水によりダム湖に貯められなくなり、ダム湖に流れ込んでくる水を、そのままダムを通過させ下流に流すことです。ダム湖に流れ込んでくる水量以上を下流に流すことはありません。

http://thr.mlit.go.jp/kitakato/bousai/kunren
ダムからのリアルタイム情報はこちら

防災操作(通常行っている放流)での警報パターン

1.はじまりのチャイム
2.案内放送
3.サイレン
※2)四十四田ダムでは、放流量が400m3/s以下の場合は、スピーカーによる疑似音となります。
御所ダムでは、放流量が500m3/s以下の場合は、スピーカーによる疑似音となります。
大規模洪水が発生した場合

異常洪水時防災操作での放流警報パターン

1.はじまりのチャイム
2.緊急効果音※3
3.案内放送
4.サイレン
※3)異常洪水時防災操作の際、A緊急効果音が鳴ります。
このページの先頭へ