江合川の歴史

北上川(江合川)の治水の歴史

北上川の流路の変遷は諸説ありますが、本格的な治水事業は藩政時代以降からと考えられます。江戸期には、仙台藩による改修が実施されました。伊達相模宗直だてさがみむねなおによる河道付替(「相模土手(さがみどて)」)及び川村孫兵衛(かわむらまごべえ)が実施した北上川・迫川・江合川の三川合流が有名です。これらの工事によって新田開発が活発になった他、北上川における水上輸送網が確立され、藩の財政を支えました。
江合川については、川村孫兵衛による三川合流以前は北上川と繋がっておらす、現在の定川の流路に沿い、広渕・赤井を経て大曲浜より石巻湾に注いでいました。
明治期に入ってからも、国による工事は水上交通のための低水路工事が主体でしたが、明治43年の大洪水を契機に、洪水防御を主目的とした北上川第1期改修工事が開始されました。新河道の開削、追波川の拡幅、北上川の分流施設建設などが実施されて昭和9年に完了し、現在の北上川と旧北上川の形になりました。
江合川においては新江合川の開削が昭和8年から開始され、昭和32年に完成しました。
戦後、カスリン台風、アイオン台風により計画流量を大幅に上回る洪水が発生して流域では大きな被害を受けました。このため、上下流一貫で治水計画を見直し、戦争により中断していた上流の5ダム(四十四田、御所、田瀬、湯田、石淵)と鳴子ダムの建設が促進され、昭和56年に最後の御所ダムが完成しました。近年では一関遊水地の整備が進み治水効果を発揮しているとともに、旧北上川分流施設を改築し、平成20年4月から運用しているほか、平成25年には石淵ダムの機能を増強した胆沢ダムが完成しています。


北上川(江合川)の河道変遷

原始河川及び江戸時代(1)
原始河川は現在のような固定河道ではなく、平野部に低湿地が広がっていた。
慶長10年(1605)、登米城主伊達相模宗直が、領地開発や新田開発のため「相模土手」工事に着手し、慶長15年(1610)完成。北上川を中田町浅水で締切り、東和町米谷へ湾曲させた。
江合川は現在の定川の流路に沿って流れており、まだ北上川に合流していない

江戸時代(2)
伊達政宗の家臣川村孫兵衛は元和2年(1616)から寛永3年(1626)にかけて和渕山と神取山の間で北上川・迫川・江合川を合流させ、鹿又から石巻までの流路を開削して舟運路を確保した。
河口の石巻は江戸廻米の集積地となり、川湊として繁栄した。
和渕狭窄部には三川の洪水が集まるようになり、上流側は氾濫が常態化した。水が集まるようになり、上流側は氾濫が常態化した。

明治時代
東北地方の産業振興のため、北上運河、石井閘門が建設されたほか、石巻から盛岡までの低水路工事が明治13年(1880)から明治35年(1902)まで行われ、蒸気船が盛んに運航した。
第1期改修工事は明治44年(1911)から着手。柳津から飯野川間の新川開削、追波川拡幅、飯野川可動堰や旧北上川分流施設(脇谷洗堰、鴇波洗堰)建設などを実施。
支川でも、迫川の直線化工事や新江合川の開削を実施。