川の生きものを調べよう-水生生物調査-
TOP 調べるまえに 調べに行こう まとめよう 指標生物

調べる前に--川に行く前に準備するものは何かな?

1.地図を用意しよう 2.調査場所を決めよう 3.道具を用意しよう 4.現地を見ておこう

地図を用意しよう

 調査しようとする川と、その周辺の町や集落(しゅうらく)の様子が分かるような地図(できれば詳(くわ)しいもの)を用意しましょう。

調査場所を決めよう

 地図に調査する場所を書き入れましょう。あらかじめ十分な時間をとり、現地に行って調査場所の様子やその場所に行くのに必要な時間、川の流れの速さや深さ、川底の状態、調査場所への入りやすさなどを調べておくと、調査のときに無駄(むだ)な時間をなくすことができます。
 なお、1日の調査場所の数は、移動の時間、調査する人の数などを考えて、無理のない計画を立てましょう。

道具の用意をしよう

テキス ト テキストや指標生物のカラー写真があるシート。生物の絵や写真は水にぬれないようにビニール袋でつつんでおきます。
【指標生物シートダウンロード】
シート2 シート2(PDF 7.6MB)
記録用紙 記録用紙1と2を必要枚数コピーしたもの。現地では紙ばさみにはさむなど、風でとばされないようにします。
【記録用紙ダウンロード】
PDF 記録用紙1(PDF 50KB) PDF 記録用紙2(PDF 59KB)
鉛筆(えんぴつ)
[ シャープペンシル]
 
網(あみ) 目のこまかさが1〜2mm位の網(あみ)[網戸(あみど)の網など]を、2本の棒の間に張ったものが便利です。目のこまかさが同じくらいであれば、ザル、フルイ、釣りに使う手網でもかまいません。
バケツ  
白いバット 見つけた生物をより分けたり、種類を区別するために使う入れ物ですが、底が白くて平らなものが便利です。浅くて口の広い入れ物であれば代わりに使うことが出来ます。
ビニールの白い敷物(しきもの) 川の中から取ってきた石などを、広げた敷物の上において生物を採集すると、落ちた生物が敷物の上に残って、取り残しを防ぐことができます。
ルーペ[虫眼鏡(むしめがね)]  
ピンセット 小さい生物を調べる時は、スポイトも便利です。
温度計 ガラス製のものは長めの棒にはさむなどして割れないように工夫しましょう。

Get Acrobat Reader
PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要になります。
以下のサイトからダウンロードすることができますので、それぞれのコンピュータにあったAcrobat Readerをインストールしてください。


現地を見ておこう

川の流れの速さや深さ 調査する場所を書き入れた地図をもとに、実際に調査する場所を見に行って見ましょう。その時には次のようなことに注意して、現地を見ておいてください。

1.調査場所の様子
2.調査場所に行くのに必要な時間
3.川の流れの速さや深さ[瀬(せ)と淵(ふち)の位置など]
4.川底の状態
5.調査場所への入りやすさ

岩手河川国道事務所