ページの先頭です。

  • これからの河川整備
  • 河川整備計画制度の見直しについて
  • 河川整備基本方針と河川整備計画の特徴について
  • 北上川の河川計画

北上川の河川計画


北上川中流部
 平成9年に河川法が改正され、豊かでうるおいのある質の高い国民生活や良好な環境を求める国民のニーズに的確に応えるため、制度を見直し、それまでの工事実施基本計画に代え、新たに、河川整備の基本となるべき方針に関する事項『河川整備基本方針』と具体的な河川整備に関する事項『河川整備計画』に区分されました。

北上川水系河川整備基本方針

 北上川水系河川整備基本方針は、北上川水系における治水、利水、環境に関する河川整備の長期的な方針を総合的に定めるものであり、河川整備の基本となるべき事項等を定めます。

北上川水系河川整備計画

 北上川水系河川整備計画では、北上川水系の国管理区間429.24kmにおいて、今後概ね30年間で実施する具体的な河川整備の内容を定めます。

生物調査
生物調査
 策定にあたっては、河川に関し学識を有する方々を委員とした、「北上川水系河川整備学識者懇談会」を設置して意見を伺ったほか、流域にお住まいの方々を対象に「地域の方々の意見を聴く会」を開催し、直接意見を伺いました。さらにハガキ、FAX、インターネット等を通じてパブリックコメントを実施するなど、地域の意見を計画に反映するための取り組みを実施しました。これらの意見をふまえた上で、岩手県・宮城県、関係市町村及び関係省庁より意見を伺い、策定に至っています。

北上川水系河川整備学識者懇談会

懇談会

学識者懇談会
学識者懇談会

上流部会

下流部会

住民意見の募集結果について

パブリックコメント実施状況(地域の方々の意見を聴く会)
パブリックコメント実施状況
(地域の方々の意見を聴く会)
一関遊水地
一関遊水地