平成20年度北上川上流水防演習 岩手河川国道事務所
トップページ > マメ知識 >もし、逃(に)げ遅(おく)れたら・・・

マメ知識

menu ふだんからの心構え・準備 洪水が起きた時は 避難(ひなん)する時の注意 もし、逃(に)げ遅(おく)れたら・・・

もし、逃(に)げ遅(おく)れたら・・・

 自動車の発炎筒(はつえんとう)などを使って、自分のいるところを知らせます。

 笛(ふえ)[ホイッスル]など、大きな音が出るものでほかの人に気付いてもらえるようにします。

 もし電話が通じるようであれば、110番か119番、市町村の災害対策本部(さいがいたいさくほんぶ)に緊急連絡(きんきゅうれんらく)します。

  アマチュア無線などがあれば、緊急連絡します。

 2階建(かいだて)の家なら、上に避難(ひなん)します。

 近くに高台やビルがあれば、そこに避難します。

 

 長い棒(ぼう)などで旗(はた)を作り、自分のいるところを知らせます。

 懐中電灯(かいちゅうでんとう)を点滅(てんめつ)させて、気付かせるようにします。