平成20年度北上川上流水防演習 岩手河川国道事務所

洪水を防ぐための施設

menu ダム 遊水地 堤防

ダム

●洪水の時のダムのやくめ(洪水調節)

 ダムのもっとも大事な目的は、洪水がおきた時に、河川の上流から流れる水の量を、ダムで調節することです。このことによって、河川の下流に流れる水の量をへらし、洪水の被害を少なくすませることができます。

 ダムの中には、洪水を防ぐことを目的とせず、発電や農業に必要な水をためるために使われているものもあります。

上流の地域に降る雨によって洪水がおこると、洪水がすべて下流へと流れます。下流の区間の河川を改修していないと、洪水による氾濫が起こることがあります。 ダムで洪水の流れを調節することによって、下流の区間で安全に流れる量だけ放流することができるようになります。これによって、洪水の氾濫を防ぐことができます。

※1放流・・・ダムにたまった水を、水門を開けて下流に流すこと。

●洪水のときのダム管理(かんり)の流れ

 洪水の時には、洪水の被害(ひがい)や土砂(どしゃ)くずれなどの災害(さいがい)を未然(みぜん)に防ぐため、降雨量(こううりょう)やダム流入量(りゅうにゅうりょう)[※2]、河川の水位(すいい)についての情報(じょうほう)を集めます。

 ここで集められた情報は、地方自治体(市役所や町村役場)、報道機関(ほうどうきかん)[テレビ局など]および一般住民などへと提供されます。

 ダムは水量調節のため放流を行います。これは、ためる一方だとダムの水があふれ、決壊(けっかい)してより大きな被害となることを防ぐためです。

 洪水の時、ダムからの放流によって下流の河川の水位が急に上あがるおそれがある時は、放流する前に河川を利用している人や立ち入ろうとしている人に警報(けいほう)を発します。

 警報は、放流による増水(ぞうすい)[※3]の状況をすばやく確かに伝えるために、情報を提供する設備(せつび)や警報板、放流警報を発する施設(しせつ)[サイレンなど]、および警報車によって行われます。

 また、警報を実施する区間は、放流の危険性を河川利用者などに確実に伝えるため、ダム下流の河川にそって設定されています。この区間には、さまざまな警報設備がおかれ、また警報車が見回るルートが定められています。

1.気象・水象データを集める 2.放流施設などの点検 3.警報および下流の見まわり 4.関係機関への連絡 5.放流開始 6. 洪水調節 7.終了 8.関係機関への連絡

※2 ダム流入量・・・ダムに流れこむ水の量。

※3 増水・・・河川の水の量が増え、水位が上がること。