災害時の連絡方法

119番の正しいかけ方

「もしも」のときは、あわてず落ち着いて119番に電話してください。
消防署では次のことをお尋ねしますので、お答えください。

  • 火事なのか、救急なのか、救助なのか
  • 火事の場合=何が燃えているのか
  • 救急の場合=急病人が交通事故のけが人なのかなどの事故種別
  • 発生場所の住所、氏名、目標物など
  • 火災、救急患者の状況はどうか

携帯電話からのかけ方

携帯電話からの通報では、大きな消防本部に集約してつながるようになっているために通報地点を管轄しない消防本部につながることがあります。
携帯電話を利用して119番通報をするときは、次の点に注意してください。

  1. 局番なしの119番に電話をかけます
  2. 通報の種類(火事、救急、救助など)を伝え、係員が質問する内容について分かる範囲で答えてください
  3. 通報場所の住所と携帯電話の電話番号を正確に伝えてください(通りがかりなどの理由で住所などが分からない場合は、最寄の目標物をできるだけ詳しく伝えてください)
    目標物の例:付近の交差点や通りの名前、電柱に書かれた地番、店舗の名称等
  4. 通報後、しばらくの間は電源を切らずに、現場の近くの安全な場所にいてください

NTT災害用伝言ダイヤル171

忘れていない?災害伝言171

洪水などの大きな災害がおきたとき、情報(じょうほう)を伝え合う「声の伝言板」それがNTTの「災害伝言ダイヤル」サービスです。番号は「171」。
「忘れていない?災害伝言171」とおぼえてください。

伝言の録音(ろくおん)

  1. 「171」に電話する。
  2. 「1」(暗証(あんしょう)番号を入力する時は「3」)をおす。
  3. 災害にあっている人の電話番号(本人ならば自宅の)を市外局番からおす。
  4. プッシュボタン式の電話の場合は「1#」をおす。
  5. 30秒以内でメッセージを録音する。
  6. プッシュボタン式の電話の場合は「9#」をおす。

伝言の再生(さいせい)

  1. 「171」に電話する。
  2. 「2」(暗証(あんしょう)番号を入力する時は「4」)をおす。
  3. 災害にあっている人の電話番号(本人ならば自宅の)を市外局番からおす。
  4. プッシュボタン式の電話の場合は「1#」をおす。
  5. メッセージが再生される。
  6. プッシュボタン式の電話の場合は「9#」をおす。伝言を追加(ついか)して録音するときは「3#」をおす。

※伝言は災害にあった方の電話番号を知っているすべての方が聞くことができます。聞かれたくないメッセージを録音するときには、あらかじめ暗証番号を決めておく必要があります。

iモード災害用伝言板サービス

利用方法

サービスの開始

大規模災害が発生した場合「iMenu」のトップに「災害用伝言板」を提供。

メッセージを登録する場合

登録可能エリアにおり、iモードサービスを利用して「災害用伝言板」から「登録」を選択し、画面に沿ってメッセージを入力することで、ご自分の安否情報等を登録することが出来ます。

メッセージを確認する場合

全国からiモードサービスもしくはインターネットを利用して「災害用伝言板」から「確認」を選択し、安否 情報を確認したい人の携帯電話番号を入力することで、登録されたメッセージを確認することが出来ます。

サービスの停止

本サービスを停止する際には、あらかじめ「iMenu」のトップにおいて終了の予告がされます。

利用料金

通話料のみ

提供内容

  1. 運用条件=震度6弱以上の地震などの災害が発生した場合
  2. メッセージ登録可能エリア=災害が発生した地域を管轄しているドコモ各社の営業エリア全域及 びその周辺
  3. メッセージ登録内容=状態(「無事です。」等の4つの中から選択)・コメント100文字以内
  4. メッセージ保存時間=登録時から最大72時間(サービスが提供されている時間)
  5. メッセージ確認可能エリア=全国のiモードサービス利用可能エリア

その他

PHSやパソコン等からメッセージを確認する場合は、次のホームページから確認することが出来ます。
URL:http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
※サービス提供中のみ可能

EZ-web災害用伝言板サービス

利用方法

サービスの開始

大規模災害が発生した場合「災害用伝言板」を提供。

メッセージを登録する場合

登録可能エリアにおり、EZ-webサービスを利用して「災害用伝言板」から「登録」を選択し、 画面に沿ってメッセージを入力することで、ご自分の安否情報等を登録することが出来ます。

メッセージを確認する場合

全国からEZ-webサービスもしくはインターネットを利用して「災害用伝言板」から「確認」を選択し、安否情報等を確認したい人の携帯電話番号を入力することで、登録されたメッセージを確認することが出来ます。

運用ルール

  1. 災害伝言板の開設=震度6弱以上の地震など大規模な災害が発生した場合
  2. 災害伝言板の休止=災害発生後、伝言板の利用状況やネットワークの規制状況を考慮して伝言板を休止します。
  3. お知らせメールの宛先設定=災害伝言板が開設されていない通常時でも可能です。

対応携帯電話等

au携帯電話でEZWIN、EZ@mailにご契約の方は、安否情報の登録および確認が可能です。

提供料金

災害用伝言板サービスの利用料金は無料です。また、EZWIN、EZwebmultiをご契約の方は、パケット通信料も無料です。
※EZ@mail、EZwebA/B、EZwebスタンダード・プレミアムをご契約の方はパケット通信料がかかります。

防災情報