洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップは、洪水時における住民の迅速な避難を目的として、国土交通省が公表している浸水想定区域図や過去の洪水を参考に、市町村が作成するものであり、想定される浸水範囲や避難場所などを図示したものです。

現在、北上川上流(岩手県内)の沿川は全ての市町村において洪水ハザードマップが公表されています。

岩手河川国道事務所では、災害情報普及支援室を設置して、洪水ハザードマップの作成・公表や住民への周知を支援しています。

公表済みの各市町村の洪水ハザードマップ
洪水ハザードマップに関するお問合せ先

防災情報