TOPページ > 道路事業の紹介
道路事業の紹介

2017年10月6日更新

事業箇所の紹介

連携・交流を促進し、地域を活性化する道づくり

一般国道6号

勿来バイパス

勿来バイパス

国道6号の茨城・福島県境における津波浸水区間の回避と渋滞緩和等を目的として、いわき市勿来町関田関山から同市勿来町四沢鍵田までの延長2.5kmの道路を整備します。

 

常磐バイパス

常磐バイパス

いわき市内の交通混雑の緩和と主要幹線道路機能の強化を目的として、いわき市勿来町四沢から同市平下神谷までの延長27.7qを4車線に整備します。

 


久之浜バイパス

久之浜バイパス

越波や津波による交通障害、線形不良区間や狭いトンネルなど、道路構造上のボトルネックの解消と主要幹線道路としての防災機能強化を目的とした久之浜バイパスは、平成29年2月26日に全線開通となりました。


開通3ヶ月後の交通利用状況(記者発表資料)


一般国道49号

平バイパス

平バイパスは、平成7年度に暫定2車線での全線供用後、番匠地交差点や上谷田交差点の立体化などを経て平成29年3月28日に4車線全線開通となりました。

 

 

開通直後の交通利用状況(記者発表資料)

北好間改良

北好間改良

いわき中央IC入口交差点の渋滞緩和と、急勾配・急カーブの続く区間の交通事故の削減を目的として、いわき市好間町北好間に延長2.2kmの道路を整備します。

 


東北中央自動車道

相馬福島道路 復興支援道路

常磐自動車道と東北自動車道を結ぶ約45qの自動車専用道路(無料)であり、東日本大震災からの早期復興を図るリーディングプロジェクトとして位置づけられています。本道路が復興支援道路として整備されることにより、被災地と内陸部の連携が強化され、被災地の復興を支援することを目的として、早期完成を目指します。

阿武隈東道路平成29年3月26日開通

阿武隈東道路

線形不良区間や通行規制区間の解消を目的として整備を進めてきた阿武隈東道路は、平成29年3月26日に相馬福島道路の中で初めての開通を迎えました。

阿武隈東道路の概要

開通直後の交通利用状況

相馬西道路工事進ちょく状況はこちら

相馬西道路

相双地方から中通り地方へのアクセス向上を目的として、相馬市山上に延長6.0kmの自動車専用道路を整備します。

 

平成31年度開通予定


一般国道399号

十文字改良

十文字改良

事前通行規制区間や防災危険箇所、未改良区間の回避により、定時性や速達性の確保を目的として、いわき市小川町上小川に延長3.3kmの道路を整備します。

 


安全な暮らしと命を守る道づくり

一般国道6号

林城交差点改良

林城交差点改良

右左折車両と直進車の追突・衝突事故を減少させるため、左折車線設置や右折車線延伸などの交差点改良を実施します。

 

 


快適で豊かな暮らしをもたらす道づくり

一般国道6号

福田地区歩道

福田地区歩道

防災集団移転が進み新たな通学路が指定されたものの、歩道が整備されていない区間があるため、歩 道を整備して歩行空間の安全確保を図ります。

 


日々の暮らしを支える道づくり

道路構造物の予防保全

道路構造物の予防保全

橋梁やトンネルなどの道路構造物について、定期的な点検と計画的な補修・補強を実施することで構造物の長寿命化を推進します。

道路管理

道路管理

パトロールカーや徒歩により道路の巡回を行い、道路を安全に利用できるように経常的な維持や道路施設の修繕を実施します。

道路管理の紹介はこちら
磐城国道事務所管内 維持管理計画(案)はこちら
路上工事縮減カレンダーはこちら


整備効果事例

福島の渋滞対策

道路事業の紹介

 

サイトマップリンクリンク・著作権・プライバシーポリシーについて