旧穴山堰
平成十一年度の調査から武兵衛穴の輪郭分かる
 約500年前に水路をつくり、田んぼや生活用水に導入したという旧穴山堰は、戦後のほ場整備や石淵ダム建設に伴う導水量の増加によって新しい『穴山堰』にとって替わられ、地中にその姿を隠していましたが、平成4年に胆沢町若柳地内の土砂採取現場で突然2平方メートルほどの空洞が見つかり、それが旧穴山堰と判明しました。その後、旧穴山堰の歴史的価値の検討がすすむ中、平成10年8月、胆沢ダムの堤体敷となる胆沢町若柳字馬留の旧穴山堰の埋蔵文化財調査により、馬留取水口、平堰(開水路)、昭和穴の出口、さらに武兵衛穴の入口である七左エ門口が発見されました。
 以上のことから、平成11年1月には有識者、地域の人などによる旧穴山堰保全委員会(会長渡辺清氏)が発足し、春先から武兵衛穴を中心に調査が開始されました。この武兵衛穴は、通称馬留岬といわれる所に岩盤をくり貫いて造られた断面積1.5平方メートルほどの素掘のトンネルです。
 古い絵図面によれば、入口の名は七左エ門口、出口の名は武兵衛口とされており、途中には作業人や掘削土の搬出入口と思われる横番(横坑)が3ヶ所あり、延長は200間(約360メートル)となっています。
 平成11年5月には横番の一つである「栃ノ木横番」が馬留岬のほぼ真ん中の岩崖斜面から発見されました。9月には胆沢ダム転流工工事の上段仮排水トンネルとの交差部分を確認、そして10月には予想以上に深い地下4メートルにあった武兵衛口を発見し、ここでは坑口を保護した大きな丸太を横にしたものが数本確認されましたが、トンネルは土砂で埋もれているため、今後の調査に当たっては安全に配慮しつつ慎重に進めていく必要があります。
 平成11年の調査結果をまとめると、

などのことが分かりました。

 保全委員会では、平成12年にはさらに調査をすすめると同時に、非常に重要な水文化遺産であるため、残せるところは残す工夫をし、さらに一般の方々も体験学習できるようにするためにはどのようにすればよいのか等を検討することにしています。
武兵衛穴出口の調査状況

 

 



[Vol.19 INDEX]