月山ダムを建設した梵字川は、朝日山系の北寒江山(標高1,695m)を水源とし、月山(標高1,980m)から流れる田麦川と合流する延長38km、流域面積290kuの河川です。一方、赤川は朝日山系の以東岳(標高1,771m)を水源とし、梵字川など大小の支流を合わせて日本海に注ぐ、延長70.4km、流域面積856.7kuの一級河川です。赤川では、下流域で相次いだ洪水を防ぐため、大正6年(1917)、最上川と切り離して日本海に直接注ぐ放水路の工事が本格的に行われ、昭和11年(1936)に完成。しかし放水路による改修が行われた後も、中流・下流域はたびたび水害に見舞われました。このため、昭和30年(1955)の荒沢ダム建設など、赤川水系の治水対策が進められました。この洪水対策を、さらに強化しようと計画されたのが、最大支流梵字川の月山ダムです。その一方で、庄内南部地域の発展とともに、新たに広域的な水源の確保が求められつつあり、月山ダムは、この庄内広域水道用水供給事業の水源としても機能することになりました。
 このため昭和48年(1973)ダム建設への予備調査を開始し、同51年(1976)実施計画調査に着手、同56年(1981)4月に建設事業として着工し、平成14年(2002)3月に完成しました。

 

 


前のページに戻る トップページへ 次のページに進む