タンクからの油流出事故にご注意!

一般家庭のホームタンクや事業所のタンクから灯油などの油類が漏れ出し、河川など に流出する事故が増えています。その多くは、管理不備やうっかりミスが原因です。

ご家庭のホームタンクは大丈夫?
流出事故を防ぐための心掛け
1その場を離れない
ホームタンクなどから灯油を小分けにするときは絶対にその場を離れないようにしましょう。
2配管の場所には目印を
除雪による配管の破損を防ぐために目印を立てておきましょう。また、万一に備え防油堤を設置しておくと安心です。
3落雪に注意して
屋根からの落雪による配管破損・脱落やホームタンクの転倒に注意しましょう。
4定期点検を怠らない
配管やホームタンクの定期点検に努めましょう。

水質事故処理対策に要した費用は原因者の負担となります!

油の流出などの水質事故により設置したオイルフェンスや 油吸着マットなどの設置経費は、原因者の負担となります。

水質事故では

川に油や化学薬品が流れ出ると、水が臭くなったり、 魚が死んだり、水が飲めなくなったりします。また油 の量が多いと火災のおそれもあります。

水質事故の傾向

事業所での作業中の不注意、施設の点検不備等による 油等の流出のほか一般家庭でのホームタンクの栓の閉 め忘れ、交通事故等が原因となって水質事故が発生し ています。 不注意から水質事故になる事が多いので、日頃の点検 や作業手順の確認をして水質事故を防ぎましょう。

こんな事故がありました
油の流出
店舗の給油管が劣化し亀裂が入った配管から灯油が流出し、一部が側溝から川へ流出した。
その他
どじょう、小魚など1,000匹程度が死んでいた。
薬品の流出
工場のバブルの閉め忘れにより界面
活性剤が流出し、泡立ちが見られた。 水質事故発生もしくは発見したら直ちにお近くの国や県の機関・市町村役場消防署・警察署へご連絡ください。
阿武隈川水系水質汚濁対策連絡協議会
上流支局事務局
国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務局
〒960-8584 福島県福島市黒岩字榎平36 TEL(024)546-4331

●阿武隈川水系水質汚濁対策連絡協議会とは・・・
 本協議会は、阿武隈川水系の河川の水質汚濁防止対策のための連絡調整機関として、昭和46年3月に設立された組織です。
 構成機関は、国土交通省、福島県、福島県警察本部、阿武隈川流域23市町村、6消防本部で構成されています。