平成18年9月5日
阿武隈川圏域総合流域防災協議会

「河川の治水安全度現況図」及び「整備の当面の進め方」を公表

 『阿武隈川圏域総合流域防災協議会』は、1・2級河川の洪水時の流下能力を評価した「治水安全度現況図」と、河川整備等にあたっての「圏域の課題と当面の進め方」(中期整備目標等)をとりまとめました。
 国、県等がこれまで以上に連携を図り、効率的・効果的河川整備等を進めるもので、各流域に情報提供し事業の透明性を図るとともに、洪水時における危機管理意識の高揚等を図るものです。

 

『総合流域防災協議会』とは、水害・土砂災害対策を効率的・効果的に進めるため、東北管内の国及び県(政令市)が組織し、平成17年度に設置しました。
(福島県は阿武隈川、阿賀野川、久慈川、いわき・相双の4圏域に区分し設置)

 

「整備の当面の進め方」
 中期(概ね今後5箇年)の水害・土砂災害対策に対する国・県の連携施策・事業の進め方(目標等)をとりまとめたものです。

課題と当面の進め方
(PDF:1.4MB)

 

「河川の治水安全度現況図」
 各河川がどの程度の洪水に対して、氾濫せず安全に流すことができる能力をもっているか示したものです。

治水安全度現況図

整備状況図凡例
(PDF:48KB)

H18事業箇所図(河川)

H18事業箇所図(砂防)