福島河川国道事務所

 

福島,河川国道事務所,東北中央自動車道(相馬~米沢)利活用促進に関する懇談会

 
 東北中央自動車道(相馬~福島)は、東日本大震災からの復興のリーディングプロジェクトとして整備が進められ、震災から10年となる、2021年4月に全線開通を果たしました。

 異例のスピードで全線開通した東北中央自動車道(相馬~福島)を、地域活性化の起爆剤とし、相馬~米沢の更なる地域活性化につなげることを目的として、国・県・沿線10市町※の関係者による、「東北中央自動車道(相馬~米沢)利活用促進に関する懇談会」を令和3年10月19日に立ち上げました。
※福島市、相馬市、南相馬市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、新地町、飯舘村、米沢市

□会議内容
東北中央自動車道(相馬~米沢)を活用した地域活性化策の検討
東北中央自動車道(相馬~米沢)の開通を契機として、沿線自治体でタッグを組んだスケールメリット
を活かした地域活性化施策について検討します。
東北中央自動車道(相馬~米沢)の整備効果や地域の課題を共有
東北中央自動車道(相馬~米沢)の整備効果や地域で抱えている課題を共有することで、整備効果を最
大限に活かした地域づくりの推進を図ります。
設立趣意書
規約
構成員

 
□開催状況
令和3年度
第1回東北中央自動車道(相馬~米沢)利活用促進に関する懇談会 令和3年10月19日 開催
記者発表資料
配付資料
次第
出席者名簿
【資料1】設立について
【資料2】東北中央自動車道(相馬~米沢)の整備効果
【資料3】東北中央自動車道沿線の地域資源・地域活性化への取組み事例・情報提供
【資料4】意見交換
【参考資料】取組み事例
 
このページの掲載内容に関するお問合せ先:
    福島河川国道事務所 調査第二課 電話:024-539-6128(課直通)