記者発表資料
平成18年3月30日

  
  


沿


 北上市(市長 伊藤彬)及び花巻市(市長 大石満雄)は、国土交通省北上川ダム統合管理事務所(所長 田中正人)と、この度、湯田ダム及び田瀬ダムのダム放流警報設備を利用した災害情報の伝達を支援する協定を締結することとなりましたのでお知らせします。
 この協定は、北上市及び花巻市が一般住民に対し行っている従来の災害情報伝達手法に加え、主に和賀川・猿ヶ石川沿いに配置されているダム放流警報用スピーカーを活用することにより、災害情報を沿川住民に対し迅速に伝達するための支援を目的としています。

○協定の目的
 今回の協定は、ダム下流河川の周辺で出水による被害が想定され、自治体が住民に対し避難情報等を伝達する場合に、ダム放流警報用スピーカーを情報伝達手段として活用し、沿川住民への迅速な情報伝達を支援することを目的としています。
 この協定は、近年、全国的に多発している集中豪雨及び台風等の豪雨災害で明らかになった課題に的確に対応するため、国土交通省で策定した「豪雨災害対策緊急アクションプラン」(平成16年12月)を受け、その一環となる「受け手に情報が確実に伝わるための体制整備」として、ダム管理者が保有する施設を自治体へ開放するため締結したものであり、今後の災害情報伝達の有効な手段として期待されます。

○ダム放流警報設備による情報提供の概要
 伝達する内容:北上市及び花巻市が発表する出水時の災害情報、避難支援情報など
 伝達方法  :放流警報用スピーカーによる音声放送
 利用可能施設:湯田ダム(国土交通省) スピーカー 13基
        田瀬ダム(国土交通省) スピーカー 13基

○全国のダム放流警報設備の開放状況
国土交通省や自治体が管理するダムのうち協定締結が完了しているダムは、全国で23ダム(うち東北は5ダム)となっており、となります。
                                   放流警報所の配置図はこちら
※発表記者会:岩手県政記者クラブ                   


問い合わせ先
国土交通省 北上川ダム統合管理事務所
管理第一課長  成 田 秋 義
TEL 019−643−7971
北 上 市 企 画 部
消防防災課長  小原敏光
TEL 0197−64−2111
花 巻 市 総合防災部
防災企画課長  平賀敏夫
TEL 0198−24−2119