記者発表資料
平成18年3月14日
青森河川国道事務所


青森ブロック総合評価委員会を設置、初会合開催


 

【委員会設置の目的】
 ダンピング等の過度な価格競争による公共工事の品質低下を防止するため、平成17年4月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、この法律では、公共工事は価格だけでなく品質も総合的に優れた内容の契約により確保されなければならないとされています。また、平成17年8月26日には「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」が閣議決定され、総合評価の実施方針や高度な技術提案を求めた場合の予定価格の作成等について、学識経験者の意見を聴取することとされています。
 この目的を達成するため、青森河川国道事務所、高瀬川河川事務所、津軽ダム工事事務所、浅瀬石川ダム管理所、青森営繕事務所では「青森ブロック総合評価委員会」を設置し、第1回目の委員会を開催するものです。

【第1回委員会概要】
 1.開催日時   平成18年3月15日
 2.開催場所   八戸プラザホテル プラザアーバンホール
 3.委員会次第等 別紙資料1のとおり
 4.委員名簿   別紙資料2のとおり

【取材等について】
 委員会の公開は、別紙資料1に示す委員長挨拶までとさせていただきますので、ご了承をお願いします。




          記者発表先:青森県県政記者会、建設関係専門紙、津軽新報社

















問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 青森河川国道事務所
   青森市中央3丁目20−38 TEL:017−734−4521
       副所長(河川) 佐藤  清 (内204)
       工務第一課長  山田 光雄(内311)