記者発表資料
平成16年10月20日
磐城国道事務所


()



 当事務所では、いわき市三和町合戸()において、豪雨等の異常気象時に落石等の危険がある区間を回避し、地域住民や道路利用者の安全を守るため、一般国道49号「北好間防災」事業を進めています。
 このうち、同市三和町合戸字入藪()と合戸字駅()とを新たに結ぶ「いわき水石()トンネル」(延長1385m)が10月31日に貫通するはこびとなりました。
 これに併せて、しますので、下記のとおりお知らせします。


 
 なお、同日10:00〜11:30には、施工業者主催で関係者による貫通式が開催されます。


 いわき市三和町合戸地内 トンネル工事現場内(下記地図参照)
 現場内に駐車場を用意しています。


 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所


@一般公募で選ばれた、正式トンネル名称「いわき水石トンネル」のお披露目
→表彰式(13:30〜14:00)で、応募作品が採用された方々に表彰状と記念品が授与されます。
A「心のタイムカプセル」
→防水シート(水がトンネル内に浸透しないようにするシート)に願いごとなどを自由に書くことができます。
Bトンネル見学者クイズ
→クイズ全問正解の方の中から、抽選で5名の方にトンネル貫通記念品を後日発送します。
Cパネルで学ぼう!トンネル工事
→トンネル工事の概要を学べるパネルを展示。クイズのヒントが隠されています。
Dみんなの願いを託して「貫通石()
→トンネル延長(1385m)にちなんで1385個の貫通石を用意しました。貫通石の由来付きでプレゼント。
E工事現場で記念撮影
→トンネルが開通したらなかなか立ち入れないポイントに撮影スポットを設けました。


 トンネル貫通後も必要な安全設備の設置や舗装工事を引き続き行い、平成17年度中の開通を目指します。
 工事の現在の状況を知りたい方や現場見学の申し込み方法については、磐城国道事務所HP(http://www.thr.mlit.go.jp/iwaki/)をご覧下さい。


問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所
TEL 0246−23−2211(代表)
副 所 長 高橋 克己(内線204)
総務課長 佐藤 博明(内線211)
工務課長 林 雄一郎(内線411)