記者発表資料
平成19年04月12日

国土交通省山形県内3事務所
山形地方気象台
山形県土木部



4月19日から全国一斉に洪水予報の発表形式が変わります。

 地域住民の的確で安全な避難のために
 〜地域の皆さんにわかりやすい洪水予報を提供します〜


 これまでも、洪水により国民経済上重大又は相当な損害が生じるおそれがある河川については、国土交通大臣又は都道府県知事と気象庁長官が共同して洪水予報を行い、報道機関を通じて発表してきたところです。

 この度、自治体や地域住民が洪水の状況を的確に受け止め、判断し、避難行動等に役立てられるように、洪水予報の発表文を見直し、4月19日以降発表していきます。

【洪水予報発表文見直しのポイント】

1.河川水位の危険度レベル化【参考 1・別添パンフレット】

洪水時に刻々と変化する河川の水位状況と、それに伴う自治体や住民が取るべき行動との関連を明確にするため、洪水時の危険度に応じ河川水位を「レベル化」します。

 

2.新たに「避難判断水位」を設定【参考 2】

新たに洪水予報の発表の目安として「避難判断水位」を設定します。

避難判断水位は、洪水予報発表の目安のほかに、自治体では避難勧告などの発令を判断する目安となります。

    

    3.見出しの追加【参考 3】

洪水予報の内容を理解しやすくするため、発表内容を要約した見出し文を新たに付けます。

 

注)県管理河川における「避難判断水位」の設定、「見出し文」及び「水位の名称」の改善について現在作業を進めており、6月からの実施を予定しています。

 

       東北地方整備局管内で国が洪水予報を発表する河川【参考資料】


発表記者会
山形県政記者クラブ

問い合わせ先

国土交通省 山形河川国道事務所(пF023-688-8421)
    河川副所長    横山 喜代太(内線:204)
    調査第一課長   三原 金吾 (内線:351)

国土交通省 酒田河川国道事務所(пF0234-27-3331)
    河川副所長    國松 廣志 (内線:204)
    調査第一課長   佐藤 信男 (内線:351)

国土交通省 新庄河川事務所     (пF0233-22-0251)
    副所長      後藤 信一 (内線:204)
    調査課長     近岡 信一 (内線:351)

気象庁 山形地方気象台(пF023-622-0632)
    防災業務課長   佐藤 忠志 (内線:41)
    水害対策気象官  藤原 昭三 (内線:42)

山形県 土木部
    河川砂防課長   野川 厚 (пF023-630-2620)
        課長補佐 寒河江卓広(пF023-630-2615)