記者発表資料
平成18年10月24日
北上川水系水質汚濁対策連絡協議会(上流支局事務局)
国土交通省 岩手河川国道事務所





 河川の水は、飲料水・工業用水・かんがい用水などに利用されており、水質事故により油等が流出すると重大な影響、被害が予想されます。また、その処理に多大な労力と費用を要する場合があります。
 岩手県内の北上川流域では、毎年油漏れ等の水質事故が発生しており、今年もすでに83件(10月23日現在)発生しています。
 これから灯油等の取り扱いが増える冬季になることから、さらなる水質事故の発生が懸念されます。
 北上川水系水質汚濁対策連絡協議会上流支局(上流支局長:岩手河川国道事務所長)では、今年度も岩手県内の関係機関が参集し、油流出等の水質事故における拡大防止対策として、オイルフェンスの設置や油回収の方法等についての訓練を行いますのでお知らせします。

    18 
     
     
        
    @
         A 




         



問い合わせ先
国土交通省 岩手河川国道事務所
盛岡市上田4丁目2−2
電話 019−624−3281
河川管理課長  武田 正克(内線331)
   専門職  向井 清 (内線330)