記者発表資料
平成16年5月19日
仙台河川国道事務所


 
 



 三陸縦貫自動車道は、仙台市を起点として岩手県宮古市に至る延長約220kmの一般国道の自動車専用道路です。宮城県内では仙台港北インターチェンジから河北インターチェンジ間の45.2kmが供用しています。
 今回、新たに設置する追加インターチェンジは、(仮称)桃生インターチェンジから4.2km、(仮称)登米インターチェンジから7.8kmの地点に位置しており、主要地方道涌谷津山線に接続します。
  追加インターチェンジの設置により、国道45号の隘路箇所を回避できるとともに、市町村合併の支援、救急医療活動の支援や観光地へのアクセス向上などが図られます。
 なお、今回設置の追加インターチェンジは、当道路に設置予定の休憩施設と併設になります。


問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 仙台河川国道事務所
   tel 022−248−4131
    副  所  長 舟山和重(内線205)
    調査第二課長  赤森 充(内線451)